1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 日・中・港で競う「小学生のための国際理数コンテスト」8月6日開催

2017年7月31日

日・中・港で競う「小学生のための国際理数コンテスト」8月6日開催

学研プラスは、「小学生のための国際理数コンテスト (iSTAC, International STEAM Athlete Contest)」を、東京ビッグサイトで開催の「Maker Faire tokyo 2017」で8月6日に開催する。

0730-is参加するのは10歳~12歳の小学生。5人1組のチームで、実際に考えながらものを作ったり、組み立てたり、作ったもので競い合ったりと、まったく新しい形式のコンテスト内容を予定している。子どもたちが挑む競技は、公立はこだて未来大学の美馬のゆり教授、筑波大学の三谷純教授、折り紙ヒコーキ協会の藤原宣明氏など、最先端の研究者・教育者が監修する。

さらに、今回は中国・香港からも参加児童を募集。3つの国と地域から計11チームが参加予定で、科学のヒラメキやチームワークを競い合うグローバルなコンテストとなる。最後には参加者全員が協力し合う課題も用意されている。

イベントの概要

日時 : 8月6日 (日) 10:00~17:00
場所 : 東京ビッグサイト東7・8ホール「Maker Faire tokyo 2017」内特設会場 [東京都江東区有明3-11-1]
*参加者登録は締切済み。入場・観覧には「Maker Faire tokyo 2017」の入場券 (有料) が必要となる。

関連URL

Maker Faire tokyo 2017

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス