1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 日本語学習動画プラットフォームの「ボンド」、プレシリーズA資金調達を実施

2019年12月2日

日本語学習動画プラットフォームの「ボンド」、プレシリーズA資金調達を実施

日本語学習動画プラットフォーム「BondLingo(ボンドリンゴ)」を運営するボンドは11月29日、今後増加する外国人受け入れに対し、プレシリーズAラウンドでの資金調達を実施した、と発表した。

今回の資金調達の引受先は、明光ネットワークジャパンと、独立系ベンチャーキャピタルのPE&HR社が運営するSocialEntrepreneur3投資事業有限責任組合。投資資金は、ボンドの事業拡大に活用する予定。

「BondLingo」は、日本語学習だけでなく、日本で働くためのビジネスマナーや専門用語などの講座もあり、増加傾向にある外国人に対しての日本語を軸としたプラットフォーム。

また、企業向けには、LMS(Learning Management System)機能を搭載し、学習者の学習状況、進捗、模擬テストの結果を確認していくことができる。

SNSメディアでは90万人以上のフォローワーがついており、これまでの総動画視聴回数は約5000万再生以上で、アジアを中心に広く認知されている。

今回の資金調達を機に、同社は、オンライン上だけのコミュニケーションだけでなく、OMO事業(Online Merges with Offline)の一環として、オフライン(オンサイト)での日本語教育、アジアなどでの現地の拠点開設を含めて、留学生などのサポートを拡充していく方針。

関連URL

「BondLingo」

ボンド

明光ネットワークジャパン

PE&HR

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
ぼくたちは、世界標準で学ぶ こどもOffice(R) Microsoft Officeの小学生向け学習支援ソフト 製品サイトへ
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 子供と向き合う時間を創出する 学校の新ワークスタイルをご提案! ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス