1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 日本語学習動画プラットフォームの「ボンド」、プレシリーズA資金調達を実施

2019年12月2日

日本語学習動画プラットフォームの「ボンド」、プレシリーズA資金調達を実施

日本語学習動画プラットフォーム「BondLingo(ボンドリンゴ)」を運営するボンドは11月29日、今後増加する外国人受け入れに対し、プレシリーズAラウンドでの資金調達を実施した、と発表した。

今回の資金調達の引受先は、明光ネットワークジャパンと、独立系ベンチャーキャピタルのPE&HR社が運営するSocialEntrepreneur3投資事業有限責任組合。投資資金は、ボンドの事業拡大に活用する予定。

「BondLingo」は、日本語学習だけでなく、日本で働くためのビジネスマナーや専門用語などの講座もあり、増加傾向にある外国人に対しての日本語を軸としたプラットフォーム。

また、企業向けには、LMS(Learning Management System)機能を搭載し、学習者の学習状況、進捗、模擬テストの結果を確認していくことができる。

SNSメディアでは90万人以上のフォローワーがついており、これまでの総動画視聴回数は約5000万再生以上で、アジアを中心に広く認知されている。

今回の資金調達を機に、同社は、オンライン上だけのコミュニケーションだけでなく、OMO事業(Online Merges with Offline)の一環として、オフライン(オンサイト)での日本語教育、アジアなどでの現地の拠点開設を含めて、留学生などのサポートを拡充していく方針。

関連URL

「BondLingo」

ボンド

明光ネットワークジャパン

PE&HR

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス