1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 英会話教室「NOVA」、記憶定着のための学習アプリ「Monoxer」を導入

2019年12月28日

英会話教室「NOVA」、記憶定着のための学習アプリ「Monoxer」を導入

モノグサは27日、同社の記憶定着のための学習アプリ「Monoxer」が、英会話教室「NOVA」の全校舎で導入されることになった、と発表した。

まずは2020年1月にビジネスコース・TOEICコースに導入され、同年4月から日常英会話のコースで導入予定。

NOVAでは、かねてからレッスン受講時間以外の自己学習のサポートや効率化が重要であるという課題感を持っていた。

Monoxerは、リスニングを含め各レッスンに完全準拠した内容をスキマ時間で学習でき、レッスンとのシナジーによる、生徒の英語力向上に可能性が持てることから、今回の導入が決定したという。

NOVAでは、Monoxerを活用することで、生徒が効率的に自己学習できる環境を提供し、これまで以上に英語力向上のサポート強化につなげていく。

さらに、Monoxerを通じて生徒の学習進捗や傾向などのデータをもとに、サービス全体の価値向上にもつなげる考え。

Monoxerは、AIを活用した記憶定着のためのeラーニングシステム・学習アプリ。教師が覚えて欲しい内容を登録するだけで、記憶するための問題が自動で作成され、生徒は作成された問題をスマホ・タブレットのアプリで学習していく。

また、生徒の習熟度・忘却度に応じて、リアルタイムで出題頻度や問題の難易度が調整され、個々人のレベルに合った学習ができる。

関連URL

Monoxer

(無料キャンペーン)

NOVA

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
SHARP BIG PAD Capmus 「GIGAスクール」時代に欠かせないツール 電子黒板とは?
プログラミングを子どもに教えたい大人向け1日講座 毎月開催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス