1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 「Techpit」、新フレームワーク「SwiftUI」チュートリアルを公開

2019年12月28日

「Techpit」、新フレームワーク「SwiftUI」チュートリアルを公開

テックピットは27日、同社が運営するプログラミング学習プラットフォーム「Techpit」でSwiftUIのチュートリアルを公開した。

Techpitは、作りながらプログラミングを学べるCtoCのプログラミング学習プラットフォーム。1コンテンツあたり10~15時間のボリュームの学習コンテンツが、週1~2件のペースでリリースされている。

SwiftUIは今年6月に発表されたばかりの最新のフレームワークで、少ないコードで開発をより速くより簡単にしている。新教材では「【SwiftUI】写真アプリ風の簡易画像管理アプリを作ってみよう!」と題し、SwiftUIの画面作成やMVVMから画像処理や音声認識機能まで、アプリを開発するために必要な機能を学ぶことができる。価格は1980円。

同社では、スマートフォンアプリ開発のコンテンツが欲しいという要望に応えて、今後も引き続きSwiftの学習コンテンツを拡充していくとしている。

関連URL

「Techpit」

SwiftUIチュートリアル

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
Classi 「どんな生徒を育てたいですか?」 生徒の無限の可能性を引き出す具体的な場面と手法、教員のあり方 長崎南山中学校・高等学校講演 2/4(火) WEB開催
プログラミングを子どもに教えたい大人向け1日講座 毎月開催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • わせがく高等学校 すらら×通信制
  • Google for Education ワークショップセミナー 参加費無料 2019年11月~ 全国主要9都市にて 今すぐ申し込む チエル株式会社主催
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス