1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. AI型教材「Qubena」、埼玉・戸田市の市立小中学校が利用開始

2020年1月16日

AI型教材「Qubena」、埼玉・戸田市の市立小中学校が利用開始

COMPASSは15日、同社のAI型タブレット教材「Qubena(キュビナ)」が、埼玉県戸田市の市立学校で指導の一環として採用され、昨年11月から利用開始されたと発表した。

同市では、市立学校の戸田第1小学校・喜沢小学校・戸田東中学校の3校で、Qubenaを試験的に導入し、埼玉県学力・学習状況調査と連携した効果検証を行っていく。

同市は、これら3校を含む小・中学校に3000台以上のChromebookTMを配備するなど、「クラウド・バイ・デフォルト」をコンセプトに、産官学民が協力して教育現場での積極的なICT活用に取り組んでいる。

予測困難な未来社会でも、子どもたちが自立的に生きられるように、AIでは代替できない能力とAIを活用できる能力の育成を目指している。

今回、タッチパネルを搭載したChromebook端末上で、昨年6月にリリースしたQubenaのChromebook版を自治体で初めて採用した。

また、文科省が自治体を対象に開催する「学校ICT活用フォーラム」の一部として、16日に戸田第2小学校で行われる先進校視察では、AIドリルの活用例としてQubenaを使った公開授業と展示を行う。

Qubenaは、全国の公立・私立の小中高校、学習塾で利用され、ユーザー数は2万3000人にのぼる。

2018・19年度と2年連続で経産省「未来の教室」実証事業に採択。また「日本e-learning大賞・経済産業大臣賞」「グッドデザイン賞」を受賞している。

関連URL

Qubena

COMPASS

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 児童生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス