1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. コエテコ、子ども向けプログラミング教育関連サービス「カオスマップ」公開

2020年1月17日

コエテコ、子ども向けプログラミング教育関連サービス「カオスマップ」公開

GMOメディアは16日、同社のプログラミング教育ポータルサービス「コエテコbyGMO」(コエテコ)で、「2020年版子ども向けプログラミング教育関連サービス・カオスマップ」を公開した。


このカオスマップは、18歳以下の子どもを対象としたプログラミング教育に関連するサービスを整理し、まとめたもの。(2020年1月時点)

特に事業者が多い「プログラミングスクール」に関しては、「教室型」「通信・オンライン型」「短期・イベント型」の3つにカテゴライズ。

2017年に、「教室型」のスクールとして学習塾の参入が相次ぎフランチャイズ展開が進んだ結果、教室の数が急激に増加。2018年には鉄道や家電量販店など、教育業界以外からの参入も進んでいる。

また、プログラミング教材は、大きく「ビジュアルプログラミング」と「ロボットプログラミング」に二分。「ビジュアルプログラミング」は、世界的に利用されているマサチューセッツ工科大学メディアラボが開発した「Scratch(スクラッチ)」が教材の主流。

一方、「ロボットプログラミング」では、レゴ社の「教育版 レゴ マインドストーム EV3」、「アーテックロボ」、ソニーグローバルエデュケーションの「KOOV」など様々な教材が生まれている。最近では、「Python」などの本格的な言語を学べるスクールも増えてきた。

検定に関しては、学ぶだけでなく、「プログラミング」の習熟度を図るという新たなニーズも生まれ、子ども向けのプログラミング検定も創設されている。

関連URL

カオスマップ最新版

「コエテコ」

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
Microsoft Officeの小学生向け学習支援ソフト こどもOffice(R) ぼくたちは、世界標準で学ぶ GIGAスクール構想にも最適です!
NICA 全国ICTクラブ協会 Webニュースライター講座 ≪オンライン開催≫ あなたもプロになれる!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 子供と向き合う時間を創出する 学校の新ワークスタイルをご提案! ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス