1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 子ども向けプログラミング教育市場は2024年に250億円超に=コエテコ×船井総研=

2019年4月19日

子ども向けプログラミング教育市場は2024年に250億円超に=コエテコ×船井総研=

GMOメディアが運営するプログラミング教育ポータルサイト「コエテコ」は、船井総合研究所と共同で「2019年 子ども向けプログラミング教育市場調査」を実施し、18日その結果を発表した。

0419-gmo調査は1月~2月に、民間運営で月謝制の継続受講型の子ども向けプログラミング教室・スクールを対象に、プログラミング教育市場関係者へのヒアリング、「コエテコ」と船井総研が保有するデータ、調査機関の公開情報の収集をもとに行われた。

それによると、2019年の子ども向けプログラミング教育市場規模は114億2000万円と、2018年の規模より25.9%増加する見込みとなった。この傾向は今後も継続すると考えられ、2024年には257億3000万円と、2019年の約2.3倍になると予測される。

さらに、今後は中高生向けにより高度で実践的なカリキュラムを学べる教室や、就学前の子ども向けにより初歩的な内容を教えたりする教室が増えること、低価格なプログラミング教室が増加すること、プログラミング教室に通う女児の数も増えてくること、プログラミング教育の価値が市場へ浸透すること、などが予測されることから市場拡大が加速し、2030年までには1000億円を超える可能性もあるとしている。

「コエテコ」では、今回の調査をテーマに、プログラミング教室の展開を検討している事業者向けに無料セミナーを開催する。セミナーでは、船井総研の北村拓也氏が登壇し、全国で急拡大するプログラミングスクールの現状と将来への展望を説明する。

開催概要

開催日時 : 6月17日(月)16:00~18:00(15:30受付開始)
開催場所 : セルリアンタワー オフィス棟11F「シナジーカフェGMO Yours」〔東京都渋谷区桜丘町26-1〕

詳細・申込

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
Microsoft Officeの小学生向け学習支援ソフト こどもOffice(R) ぼくたちは、世界標準で学ぶ GIGAスクール構想にも最適です!
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 子供と向き合う時間を創出する 学校の新ワークスタイルをご提案! ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス