1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. GMOメディア、プログラミング教育市場コロナ禍でも市場規模は125%成長の175億円

2021年6月25日

GMOメディア、プログラミング教育市場コロナ禍でも市場規模は125%成長の175億円

GMOメディアは22日、同社のプログラミング教育ポータルサイト「コエテコ byGMO」が、船井総合研究所と共同で実施した「2021年 子ども向けプログラミング教育市場調査」の結果を公表した。

子ども向けプログラミング教室数と教材費、毎月支払われる受講料から「子ども向けプログラミング教育市場」の規模予測を算出している。

子ども向けプログラミング教育の市場は、2018年には100億円に満たなかったが、2021年は前年比125%の175億7900万円。少子化にもかかわらず、二桁成長を続けている。

市場規模拡大の背景は、小学校でのプログラミング教育の必修化はもちろん、2021年度の中学校・2022年度の高等学校でのプログラミング教育の拡充が大きく影響。また、コロナ禍を受け、日本社会全体のオンライン化・デジタル化が一気に進んだことで、プログラミングの知識と技術の重要性が改めて認識され、さらに、2024年度には、大学入学共通テストにプログラミングを含む「情報」が採用されることが決定、保護者の関心も高まっている等の要因から、子ども向けプログラミング教育市場は2025年には400億円規模に到達すると予測している。

調査概要
調査方法:「コエテコ byGMO」と船井総研によるプログラミング教育市場関係者へのヒアリング、「コエテコ byGMO」と船井総研が保有するデータ、調査機関の公開情報の収集
調査期間:3月~6月
調査対象:以下に該当する民間運営で月謝制の継続受講型の子ども向けプログラミング教室・スクール
(1)ロボット製作とプログラミングをかけ合わせて学ぶ「ロボット・プログラミング教室」
(2)プログラミングを学ぶことに特化した「プログラミング教室」

関連URL

コエテコ byGMO

GMOメディア

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス