1. トップ
  2. データ・資料
  3. GMOメディア、大学入学共通テストへの「情報」教科採用に関する保護者調査

2020年12月8日

GMOメディア、大学入学共通テストへの「情報」教科採用に関する保護者調査

GMOメディアは7日、同社のプログラミング教育ポータルサイト「コエテコ byGMO」が、小学生の子どもを持つ保護者1000人を対象に実施した「大学入学共通テストへの『情報』教科採用の動きに関しての調査」の結果をまとめ発表した。

それによると、大学入試センターが2025年からの「大学共通入学テスト」で「情報」を教科として新設する素案をまとめたとの報道があったことを「知っていた」と回答した保護者は3割弱(24.3%)にとどまった。

だが、「知っていた」と回答した保護者に「報道を受けてのプログラミング教育への関心度の変化」を聞いたところ、約6割(59.4%)の保護者が「関心が高まった」と回答。

さらに、「『情報』教科が採用される動きでプログラミング学習を検討するか」と質問したところ、6割を超える(66.0%)保護者が「検討する」と回答しており、大学受験に採用される教科への保護者の関心の高さがうかがえる。

続いて、「子どもの教育に関する情報収集方法」について尋ねたところ、「インターネット」が約半数(47.4%)にのぼり最多。次いで、「TV」(34.1%)、「塾や学校の先生」(28.4%)となった。

次に、小学生の習い事事情に関して調査を実施。まず、「現在子どもがしている習い事」に関しては、「スポーツ」と「学習塾」がともに41.0%でトップで並び、「英会話」(17.7%)が続いた。

また、「今後子どもに習わせてみたいこと」としては、「現在子どもがしている習い事」の上位3つの習い事(「スポーツ」「学習塾」「英会話」)と同じ結果となったものの、4位に「プログラミング・パソコン」(16.7%)がランクインしており、保護者の注目度の高さがうかがえる。

この調査は、小学生の子どもを持つ保護者を対象に、11月19日~25日にかけて、インターネットリサーチで実施。有効回答数は1005人。

関連URL

調査結果の詳細

「コエテコ」

GMOメディア

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス