1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. eスポーツ分野の新会社「NTTe-Sports」設立

2020年1月22日

eスポーツ分野の新会社「NTTe-Sports」設立

NTT東日本、NTT西日本、NTTアド、NTTアーバンソリューションズ、スカパーJSAT、タイトーの6社は共同出資を行い、eスポーツ分野における新会社「NTTe-Sports」を31日(予定)に設立する。

NTTe-Sportsでは、eスポーツにおけるICTを活用した設備の構築・運用、サポート(教育)事業、プラットフォーム運営、イベントソリューションおよび街の活性化コンサルティングなどの提供を通じ、地域社会への貢献を目指していく。

具体的には、未来技術を活用した先進的なeスポーツ施設を秋葉原UDXに開設する。コミュニティやプロ選手などを誘致して施設収益を確保するとともに、地域拠点とつなぎ、低コストで付加価値の高いイベント、サポートメニューの提供を目指す。

遠隔コーチングやバイタルデータ分析などの新たな付加価値を拡充し、人材教育サポートや動画コンテンツなどの配信サービスの運用、プロチーム、学校、福祉施設向け講座など教育カリキュラムを提供する。加えて、eスポーツの総合プラットフォームを構築し、イベント運営効率化やマッチング、動画コンテンツ配信などを予定している。

さらに、イベントの高付加価値化(遠隔実況、AI解説など)による先進的なエンターテインメントショーケースを提供し、将来的には各地を盛り上げるリーグ立ち上げを目指す。また、産業、観光、コミュニティ、教育、医療、福祉などの分野でeスポーツを活用した街の活性化に向けたコンサルティングを実施し、自治体などと連携した地域活性化に貢献していく。

今後は、イベントソリューション事業として、タイトーと連携し、アーケード版eスポーツ大会「闘神祭2020―World Championship of ARCADE―」を共催する。NTTe-Sportsは競技進行や会場に必須となるICTソリューションを提供しつつ、スカパーJSATのコンテンツ制作や映像配信に関するノウハウや資産を活用し、エンターテインメント性や配信面の強化・海外展開拡大などを見据えた企画運営にも協力していく。

またサポート(教育)事業においては、サードウェーブと連携し、同社の提供する「eスポーツ部発足支援プログラム」について、教育機関に向けて共同で提供拡大を図っていく。競技指導者が不在でもICTを活用した指導サポートの提供を予定している。

関連URL

「闘神祭2020―World Championship of ARCADE―」

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス