1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. NTT東日本など、横須賀市に次世代型ICT教育施設「スカピア(仮称)」4月オープ

2021年9月29日

NTT東日本など、横須賀市に次世代型ICT教育施設「スカピア(仮称)」4月オープ

テルウェル東日本と東日本電信電話(NTT東日本)、NTTe-Sportsの3社は27日、横須賀市のICT人材育成、生活利便性向上を推進することを目的に、「保育・学び・ワーク・コミュニティ」をテーマとした次世代型のICT教育施設「スカピア(仮称)」を2022年4月1日にオープンすると発表した。

この取り組みは、横須賀市、NTT東日本、NTTe-Sportsが2020年10月21日に締結した『ICT及び新たなスポーツを活用した「地域活性化に向けた3者連携協定」』の具体的取り組みのひとつ。同市では、未来を担う若年層へのICT人材育成、eスポーツやBMX等の新たなスポーツ文化の定着、地域住民の生活利便性向上を推進している。また、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、子育てのスタイルにも変化が生じた。「職場通勤・リモートワークに関わらず、仕事に集中できる場所、安心して子どもを預けられる場所が欲しい」、「子どもを預けるだけではなく、質の高い教育、様々な体験・経験をさせたい」となどさまざまな声もあがっている。

そこで、NTTグループの保有ビルやICT技術を活用して、「子どもの成長を促す」「安心して子どもを預けられる」「多彩な習い事を受けられる」「ワーキングスペースで集中して働くことができる」「地域のコミュニティイベントを開催できる」等を実現できる、「保育・学び・ワーク・コミュニティ」をテーマとした次世代型のICT教育施設「スカピア(仮称)」を開設する。

同施設には、多彩な習い事もできる「学童保育 Nキッズアカデミー 横須賀校(仮称)」を開設。プログラミングやeスポーツ等の最新ICT教室をはじめ、習字・ピアノ・アート・暗算そろばんといった人気の習い事を用意。タブレット等を活用したICT教育にて「デジタルの可能性・学ぶ楽しさ」を知り、自ら学ぶ姿勢を育む。

学童保育の対象学年は小学1~6年生で、おやつ、食事の提供もあり、学校から学童施設、学童施設から提携施設や自宅までのお迎えお送り付添いサービスも予定している。また、子どもから大人までが通える「カレッジ・コミュニティ」も併設。幼児・学生向け「プログラミング教室」「eスポーツ教室」、働く世代向け「DX人材育成」「キャリア教育」、シニア向け「PC教室」なども予定している。

他にも、地域コミュニティイベント等も開催できる「スペース貸し出し」リモートワーク環境が整う「ワーキングスペース」も備える。

関連URL

横須賀市文化スポーツ観光部観光課 

テルウェル東日本

NTTe-Sports事業開発部

NTT東日本

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
教育ソフトウエア 採点ナビ 無料お試し

アーカイブ

  • 探究型の学びに最適! Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • 教材・校務活用ポータル kyouzai.jpへ
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス