1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. NTTe-Sports、ゲーム制作でプログラミングを学ぶ「短期集中講座」2月開講

2021年1月7日

NTTe-Sports、ゲーム制作でプログラミングを学ぶ「短期集中講座」2月開講

NTTe-Sportsは6日、同社の教育サービス「ユニキャン」内で、ゲーム制作を通じてプログラミングを学ぶ全4回の短期集中講座「MakeCode Arcade講座」を、2月7日から開始すると発表した。

この講座は、Microsoft社のプログラミング学習プラットフォーム「MakeCode Arcade」を利用してゲームを作成するほか、自作ゲームを使ったクラスメイトとの競技会など、ゲーム制作に関する多様な体験が含まれている。

プログラミングのスキル習得だけではなく、プログラミングの楽しさや目的を体感できるコンテンツになっており、制作したゲーム機は生徒にプレゼントされる。

全4回、2カ月間の講座で、第1回講座は2月7日を予定。1月20日まで生徒の応募を受付ている。オンライン・オフライン両方の参加方法があり、講座期間中は生徒3人につき1人のメンターがついて一人ひとりの理解をサポートする。

「ユニキャン」は、NTTe-Sportsが昨年8月11日から提供している、ゲームを通じたオンライン学習・交流サービス。

講座概要

開催日程:2月7日(日)・2月21日(日)・3月7日(日)・3月21日(日)
開講時間:「午前」10:00~13:00、「午後」14:00~17:00(午前、午後のどちらかを選択、最終4回目は午前午後合同で11:00~16:00に開催)
受講方法:
・オンライン:「Cisco Webex meetings」を使ったリアルタイム配信
・オフライン:「eXeField Akiba」 [東京都千代田区外神田4丁目14-1 秋葉原UDX4F LIFORK AKIHABARA内]で受講
申込受付期間:2020年12月25日(金)~1月20日(水)まで
対象:小学校低学年~中学生
受講人数:「午前」15人、「午後」15人(各部オンライン6人、オフライン9人)合計30人(応募多数の場合抽選)
教材:MakeCode Arcade(プログラミング)、PyGamer(作成したゲームの表示・操作を行う実機)
費用(税別):全4回で 3万9800円(入会金、教材費を含む)

詳細・申込 

関連URL

NTTe-Sports

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス