1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. MetaMoJi、GIGAスクール構想に対応した「自治体プラン」提供開始

2020年1月30日

MetaMoJi、GIGAスクール構想に対応した「自治体プラン」提供開始

MetaMoJiは29日、授業支援アプリ「MetaMoJi ClassRoom」にGIGAスクール構想に対応した「自治体プラン」を追加し、提供を開始した。

GIGAスクール構想とは、児童生徒向けの1人1台学習用端末と、高速大容量の通信ネットワークを一体的に整備するという国の構想。MetaMoJi ClassRoomの自治体プランは、児童生徒の人数に合わせた自治体向けの一括購入プランで、自治体による児童生徒1人1台端末の導入を支援する。

MetaMoJi ClassRoomは、iPad、Chromebook、Windowsに対応し、混在環境でも利用できる授業支援ソフト。リアルタイムの画面共有・転送によって児童生徒の学習状況が把握できる。紙に書いているような感触でノートをとれるので、従来の学習と違和感なくICT教育で活用できるほか、搭載しているかな漢字変換機能は、手書き入力からも利用でき、学年別辞書にも対応しているので学習に役立てることができる。

関連URL

「MetaMoJi ClassRoom」

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi “主体的に学ぶ力”をのばす Classiポートフォリオ 2つの新機能登場! アルバム機能 学びの振り返り機能 詳細はこちら
プログラミングを子どもに教えたい大人向け1日講座 毎月開催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • わせがく高等学校 すらら×通信制
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス