1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 小学生と大学生が一緒にロボットを作る「KYOTO STEAMスクール」2月開催

2020年1月31日

小学生と大学生が一緒にロボットを作る「KYOTO STEAMスクール」2月開催

ジェイ・エス・ビーは、小学1~6年生を対象にしたイベント「KYOTO STEAMスクール~ロボット工作にチャレンジ Presented by UniLife~」を、2月15日に、同社が運営する京都の食事付き学生マンションの食堂スペースで開催する。


同社は、「UniLife(ユニライフ)」のブランドで、全国の学生マンションの企画開発・仲介斡旋・運営管理までをトータルで実施。昨年から、マンション施設内の共用スペースを利用して、シェアリングをテーマにした取り組みを行っている。

今回、ドングルズ社の協力で開催する「KYOTO STEAMスクール」では、STEAM教育の1つとして、ロボット工作キットの組み立てを通して動く仕組みを学び、自身で作ったロボットを使って対戦試合を行う。

イベント当日は、会場となる学生マンションの入居者を中心とした大学生が、参加する小学生をサポート。大学生も、「教える」ことを通して自身の成長機会や新たな気づきを得る。

同社は、1976年の創業以来、全国で学生マンションの運営管理を手掛け、現在では北海道から沖縄まで学生向け賃貸仲介店舗「UniLife」78店舗を展開。昨年4月時点で6万6661室を管理している。

開催概要

開催日時:2月15日(土)10:00~16:00
開催会場:学生会館・Uni E‘meal(ユニエミール)京都高野[京都市左京区高野玉岡町23-3]
参加対象:京都市内在住の小学生
参加定員:40人(応募者多数の場合は抽選)

関連URL

ジェイ・エス・ビー

「UniLife」

ドングルズ

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス