1. トップ
  2. 学校・団体
  3. N高式プログラミング教室が対象拡大して「N Code Labo」に改名

2020年2月4日

N高式プログラミング教室が対象拡大して「N Code Labo」に改名

角川ドワンゴ学園は3日、N高等学校のプログラミングメソッドを活用したプログラミング教室をリニューアルし、新スクール「N Code Labo」を開講すると発表した。

これまで運営していたプログラミング教室「Nepps」から、対象年齢を小学1年生~高校3年生に拡大し、名称を「N Code Labo」に改名したもの。

「N Code Labo」では、Scratchやタイピングから始めて徐々に発展的な内容を学習。最終的には大規模Webサービスの構築やAI/機械学習を学ぶ。授業は3~5人の生徒に1人の講師がつく少人数指導で行われる。

半年ごとに開かれる「LT大会」で、生徒が自分の作品や取り組んできたことを発表。定期的に発表の機会を持つことで、資料作成の能力や発表スキルを身につけることを目指す。また、3Dプリンタなど最新の教材、書籍、機材が揃った教室で、学びに集中できる環境を提供する。

対象学年は小学1年生~高校3年生。新宿教室・秋葉原教室・横浜教室がある。費用は入学金1万1000円、学費は隔週の1万4300円から週4回の8万8000円(いずれも税込)まで。そのほかパソコン/ロボット利用料がかかる。

関連URL

「N Code Labo」

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
教育ソフトウエア 採点ナビ 無料お試し

アーカイブ

  • GIGAスクールで育む創造性 Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • 教材・校務活用ポータル kyouzai.jpへ
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス