1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. プログラミング教室「プロ・テック倶楽部」、4月からコース内容を大幅リニューアル

2020年2月5日

プログラミング教室「プロ・テック倶楽部」、4月からコース内容を大幅リニューアル

サイエンス倶楽部は、同社のプログラミング×ものづくり教室「プロ・テック倶楽部」のコース内容を、4月から大幅にリニューアルする。

プロ・テック倶楽部は、2016年10月にスタート。幼児~高校生までが段階的継続的に学べる7つのコースを展開してきたが、今回、「わかる」教育から「できる」ようになることに主眼を置いたコースへと大幅にリニューアルする。

今回のリニューアルの大きなポイントは授業回数。今までは月1回、年12回だったが、2020年度からは月3回、年36回へと大幅に増やす。

月の1回目は教科書での学びを中心にプログラミング知識を身に付け、2回目は応用問題でプログラミング知識やスキルを定着させ、3回目は自ら設定した課題に対し学んだことを駆使して解決に挑んでいく。

毎月の実習には「学びの要素」があり、毎回「目的設定→手段の検討→実現の準備→実行→検証と応用」のサイクルで学習。

解決のための手段は、パソコン画面上のプログラミングだけで完結させず、実際に「モノを動かす」「何かを作りあげる」など、トライ&エラーを繰り返していく。

このサイクルを最大7年間、継続的にステップアップしながら積み重ねることで、プログラミングスキルやプログラミング的思考を活用して、新しい価値を生み出せる人材を育成していく方針だという。

新コースの概要

実施コース:1stステージ~7thステージ(全7ステージ)
対象年齢:年中児~高校生
会費(税別):1万2000円/月(1stステージのみ月2回、8000円/月)
期間:2020年4月~2021年3月(月3回/全36回、1回あたり90分)
開催地:東京都(豊洲、自由が丘、中野、板橋、つつじヶ丘、町田、国立)、神奈川県(横浜、藤沢)、千葉県(稲毛海岸、船橋、松戸)、埼玉県(浦和、新越谷)

関連URL

プロ・テック倶楽部

サイエンス倶楽部

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス