1. トップ
  2. 学校・団体
  3. iTeachers TV Vol.219 関西大学初等部 堀 力斗先生(前編) を公開

2020年2月19日

iTeachers TV Vol.219 関西大学初等部 堀 力斗先生(前編) を公開

iTeachersとiTeachers Academyは19日、iTeachers TV Vol.219 関西大学初等部の堀 力斗先生による「Everyone Can Code!Swift Playgroundsで始める小学校プログラミング教育(前編)」を公開した。

「Everyone Can Code」はAppleが提供するプログラミング学習のカリキュラム。このプログラムは、コーディングの経験に関わらず、誰でも簡単に取り組むことができる。授業では、アンプラグドな活動を通して、「デバッグ」、「ファンクション」、「ループ」などのプログラミングの概念についてイメージを持ち、実際に「Swift Playgrounds」でコーディングしながらその概念を習得していく。子どもたちは、生活場面でどのようにプログラミング的思考が使われているかを考え、結びつけて学んでいく。前編では「Everyone Can Code」のプログラム概要と、実際の授業について、これまでの実践をもとに説明する。

堀先生は、Apple Disinguished Schoolとして認定を受けた関西大学初等部で、情報教育主任を務める。1年生から6年生までの1人1台環境を整備し、先進的で創造的な取り組みを学校を挙げて展開中。小学校段階においては、いち早く「Swift Playgrounds」でのプログラミング学習を実践し、外国語活動とプログラミングを組み合わせたカリキュラムも提案している。2017年Apple Distinguished Educatorに認定。

後半の「教育ICTなんでも3ミニッツ」は、聖徳学園中学・高等学校の品田 健 先生による、「アニ文字で解説動画」。

品田先生は、東京学芸大学教育学部B類国語科卒。Apple Distinguished Educator class of 2015。桜丘中学・高等学校で副校長,次世代教育開発担当参与としてICTの導入・活用を担当。2017年4月から聖徳学園中学・高等学校でICT活用,STEAM教育開発を担当。

iT-Lv2

□ Everyone Can Code!Swift Playgroundsで始める小学校プログラミング教育(前編)

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 児童生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス