1. トップ
  2. データ・資料
  3. 「プログラミング教育必修化」、8割以上の保護者が認知 =GMOメディア調べ=

2020年3月2日

「プログラミング教育必修化」、8割以上の保護者が認知 =GMOメディア調べ=

GMOメディアが運営する、小学生向けプログラミング教育ポータルサービス「コエテコbyGMO」は、小学生の子どもを持つ保護者1302人を対象に実施した「プログラミング教育に関する保護者の意識調査」の結果をまとめ、2月28日に発表した。


それによると、「プログラミング教育必修化」の認知度を調査したところ、「必修化することを知っている」と答えた人は82.5%で、昨年10月の前回調査(80.4%)を若干上回る程度にとどまった。

そのうち、「内容に関してまでは知らない」(54.0%、前回比3.2ポイント減)と答えた人が、「内容に関しても知っている」(28.5%、前回比5.3ポイント増)の2倍近くにのぼるうえに、依然として全体の半数超なことから、「プログラミング教育必修化」の内容認知はあまり進んでいないことが分かった。

また、「プログラミング教育必修化をどのように知ったか」を聞いたところ、「新聞・TV・インターネットメディア」(59.4%)が約6割を占め、次いで「学校からのお知らせ」(24.2%)、「保護者同士の口コミ」(15.1%)というものだった。

「必修化することを知っている」と答えた全体の8割を超える保護者に、「期待しているかどうか」を聞いたところ、「期待している」(37.6%)が約4割で最多だったが、その反面、「期待していない」(29.2%)も3割近くに上った。

一方で、必修化を受けて「プログラミング教育に関心を持ったか」を調査したところ、6割超の保護者が「関心を持った」(60.4%)と回答。現時点でのプログラミング教育の内容理解や期待はさほど高くはないものの、必修化に伴い興味を持った保護者も多かった。

新学期を目前に、「子どもに習わせたい習い事」を聞いたところ、「英会話」(18.0%)、「スポーツ」(17.6%)、「学習塾」(16.8%)、「プログラミング・パソコン」(12.0%)が1割を超える結果となった。この順位は前回調査から変動はなく、上位4つの習い事への保護者の関心が高い。

この調査は、2月7日~12日にかけ、小学生の子どもがいる保護者1302人を対象に、インターネットリサーチで行った。

関連URL

調査結果の詳細

コエテコ

GMOメディア

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
校務用PCの文科省セキュリティガイドラインへの準拠は済んだ? ガイドライン? もちろん! Yubi Plus
Classi 文科省指定校神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
オンライン授業・学習支援システム ライセンス無料進呈 TeacherView

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 個別商談会受付中!
  • スタディサプリ 100万人の高校生が活用するICT教材
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス