1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. プログラミング教育必修化の「内容まで知っている」保護者は約2割 =GMOメディア調べ=

2019年10月4日

プログラミング教育必修化の「内容まで知っている」保護者は約2割 =GMOメディア調べ=

GMOメディアが運営するプログラミング教育ポータルサイト「コエテコ」は3日、小学生の子どもがいる保護者920人を対象に実施した「プログラミング教育に関する保護者の意識調査」の結果をまとめ発表した。


それによると、小学校での「プログラミング教育必修化」について、知っているか尋ねたところ、「必修化することを知っている」と回答した保護者は80.4%と8割を超え、前回の調査の61.1%から7カ月で約20ポイントも上昇した。「知らなかった」は19.7%。

しかし、「必修化することは知っていたが、内容は知らない」が57.2%と6割近くに上り、認知が急速に広まる一方で、「内容まで知っている」保護者は23.2%と約2割だけだった。

また、「必修化することを知っている」と答えた8割超の保護者に、「必修化することでプログラミング教育に関心を持ったかどうか」尋ねたところ、過半数(58.2%)の保護者が「関心を持った」と回答。「プログラミング教育」への関心の高まりがうかがえた。

続いて、「プログラミング教育に関心を持った」と答えた保護者に「関心を持ったことで何か行動を起こしたか」を聞いたところ、何らかの行動を起こしたと回答した保護者が合わせて54.9%と過半数を占め、「何もしていない」(45.1%)を上回った。

具体的に起こした行動は、「プログラミング教育について調べた」(27.2%)という回答が最も多く、次いで「子どもがプログラミングを学べる体験イベントに参加した」(16.5%)、「子どものプログラミング教室を探した」(12.6%)が続いた。

実際に「プログラミング教室に子どもが入会した」のは、1割弱(7.4%)だった。

また、「子どもがしている習い事のジャンル」について調査したところ、9割近く(88.2%)の子どもが「習い事をしている」ことが判明。


具体的には「スポーツ」(43.9%)が最多で、以下、「学習塾」(22.2%)、「英会話」(16.0%)、「音楽」(15.7%)と続いた。「プログラミング・パソコン」は、1割以下(2.3%)の少数派。

「今後習わせたいこと」についても質問したところ、「英会話」(18.6%)、「スポーツ」(18.4%)、「学習塾」(16.3%)の順だった。上位3つは「現在の習い事」と同じだったが、4位に「プログラミング・パソコン」(14.6%)がきており、今後は習わせてみたいと思っている保護者が多いことが分かった。

この調査は、小学生の子どもを持つ保護者920人を対象に、9月9日~12日にかけて、インターネットリサーチ方式で実施した。

関連URL

調査結果の詳細

コエテコ

GMOメディア

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
Classi 教育改革を見据えICT×紙で行う新しい授業実践 Classi NOTE 授業への参加意欲があがった 詳しくはこちら
映像の撮影・編集・配信が3万円から!! Z-KAI
プログラミングを子どもに教えたい大人向け1日講座 毎月開催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 近畿大学付属小学校 すらら×小学校
  • Google for Education ワークショップセミナー 参加費無料 2019年11月~ 全国主要9都市にて 今すぐ申し込む チエル株式会社主催
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス