1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. プログラミング教育必修化の「内容まで知っている」保護者は約2割 =GMOメディア調べ=

2019年10月4日

プログラミング教育必修化の「内容まで知っている」保護者は約2割 =GMOメディア調べ=

GMOメディアが運営するプログラミング教育ポータルサイト「コエテコ」は3日、小学生の子どもがいる保護者920人を対象に実施した「プログラミング教育に関する保護者の意識調査」の結果をまとめ発表した。


それによると、小学校での「プログラミング教育必修化」について、知っているか尋ねたところ、「必修化することを知っている」と回答した保護者は80.4%と8割を超え、前回の調査の61.1%から7カ月で約20ポイントも上昇した。「知らなかった」は19.7%。

しかし、「必修化することは知っていたが、内容は知らない」が57.2%と6割近くに上り、認知が急速に広まる一方で、「内容まで知っている」保護者は23.2%と約2割だけだった。

また、「必修化することを知っている」と答えた8割超の保護者に、「必修化することでプログラミング教育に関心を持ったかどうか」尋ねたところ、過半数(58.2%)の保護者が「関心を持った」と回答。「プログラミング教育」への関心の高まりがうかがえた。

続いて、「プログラミング教育に関心を持った」と答えた保護者に「関心を持ったことで何か行動を起こしたか」を聞いたところ、何らかの行動を起こしたと回答した保護者が合わせて54.9%と過半数を占め、「何もしていない」(45.1%)を上回った。

具体的に起こした行動は、「プログラミング教育について調べた」(27.2%)という回答が最も多く、次いで「子どもがプログラミングを学べる体験イベントに参加した」(16.5%)、「子どものプログラミング教室を探した」(12.6%)が続いた。

実際に「プログラミング教室に子どもが入会した」のは、1割弱(7.4%)だった。

また、「子どもがしている習い事のジャンル」について調査したところ、9割近く(88.2%)の子どもが「習い事をしている」ことが判明。


具体的には「スポーツ」(43.9%)が最多で、以下、「学習塾」(22.2%)、「英会話」(16.0%)、「音楽」(15.7%)と続いた。「プログラミング・パソコン」は、1割以下(2.3%)の少数派。

「今後習わせたいこと」についても質問したところ、「英会話」(18.6%)、「スポーツ」(18.4%)、「学習塾」(16.3%)の順だった。上位3つは「現在の習い事」と同じだったが、4位に「プログラミング・パソコン」(14.6%)がきており、今後は習わせてみたいと思っている保護者が多いことが分かった。

この調査は、小学生の子どもを持つ保護者920人を対象に、9月9日~12日にかけて、インターネットリサーチ方式で実施した。

関連URL

調査結果の詳細

コエテコ

GMOメディア

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • みらいスクールステーション 学校内の密集回避や分散授業に みらスクで感染症対策! FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 国内メーカーならではの手厚い対応/無償保証 「GIGAスクール構想」対応ネットワークソリューション AlaxalA
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス