1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 世田谷ハツメイカー研、ロボットプログラミングの「オンデマンド講座」を開設

2020年3月5日

世田谷ハツメイカー研、ロボットプログラミングの「オンデマンド講座」を開設

プログラミング教室の世田谷ハツメイカー研究所は4日、小学生向けのオンデマンドプログラミングスクール「WWWハツメイカー研究所(ワールド・ワイド・ウェブ・ハツメイカーケンキュウジョ)」を開設した。

この教室では、自宅の近くにプログラミング教室がない子ども向けに「オンデマンド動画」を配信。MakeblockのmBotを使ったロボットプログラミングの基礎が自宅で学べる。

観たいときに、何度も繰り返し観られる「オンデマンド講座」で、自分のペースで学習を進められる。全12章の動画を月1回ライブ配信。質問タイムも月1回開催する。

同講座全12章の学習内容は、①組み立て(約17分)、②プログラムとは何か?(約5分)・プログラムの仕組みについて(約7分)、③Bluetooth接続&モーター十字キーコントロール(約10分)、④ブザーで作曲(約23分)、⑤LEDライトを光らせる(約11分)、⑥超音波センサー自動ブレーキ(約14分)、⑦ライントレース自動運転(約20分)、⑧光センサーで部屋の明るさをはかろう(約9分)、⑨赤外線センサーメッセージ(約10分)、➉超音波テルミン(約10分)、⑪光センサーグラフ(約11分)、⑫タイルコースゲーム(約21分)。

このほか、おまけ動画1「マウスの使い方、mBlockのブロックの使い方」(約10分)、おまけ動画2「プログラムの組み方、図形を描いてみよう」(14分)もある。

料金(税込)は、「mBot本体+オンデマンド動画12章セット」が1万3200円(現在、オープンキャンペーン中で、オンデマンド動画代が無料)、「オンデマンド動画12章セット」が6600円(先着100人限定で3300円)。

教育機関で利用する場合は、別の料金体系が設けられている。

関連URL

「WWWハツメイカー研究所」

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス