1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. バーチャル理科実験プラットフォーム「Labster」をクラーク記念国際高が国内初導入

2020年3月6日

バーチャル理科実験プラットフォーム「Labster」をクラーク記念国際高が国内初導入

dragonfruitは5日、同社のバーチャル理科実験プラットフォーム「Labster」を、国内では初めて、クラーク記念国際高校へ導入したと発表した。

「Labster」は、デンマークの企業Labster社が開発した、VRを活用したバーチャル理科実験プラットフォーム。

生徒は、普段の対面授業では体験できない最新の研究設備を使った細胞生物学や分子生物学などの理科実験を、VRを使って体験することができる。

ハーバードメディカルスクールやカリフォルニア州立バークレー校などが監修した、トップスクール発のコンテンツを導入することができ、高価な最新の実験・研究設備の購入費用節約にもつながる。

Labstar社が開発した100を超えるバーチャルラボは、すでにMITやボストン大学、アリゾナ州立大学をはじめとして、世界各地の250を超える教育機関で利用されている。

クラーク記念国際高(校長:三浦雄一郎)は、1992年に開校した広域通信制の高校。北海道深川市に設置された北海道本校を始め、日本各地のキャンパスで学ぶ約1万人の生徒が一人ひとりの才能開花を目指す教育を行っている。

通信制でありながら毎日学校に通う「全日型通信制」という特徴的なカリキュラムを活用。生徒の「好き」や「得意」を伸ばすという教育方針に、最新設備での仮想実験を体験できる「Labster」のハイブリット型教育モデルがマッチし、東京キャンパス(ペット生命科学コース)と大阪梅田キャンパス(理数探求プログラム)で導入することにしたという。

関連URL

dragonfruit

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 創造性を育む学びに Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス