1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. AI英会話アプリ「スピークバディ」、「レベルチェックテスト」機能を追加

2020年3月13日

AI英会話アプリ「スピークバディ」、「レベルチェックテスト」機能を追加

appArrayは10日、AI英会話アプリ「スピークバディ」Android版をアップデートし、新機能「レベルチェックテスト」を提供開始した。


レベルチェックテストでは、AIの機械学習と自然言語処理、ディープラーニングによって、ユーザーの会話力や発音を10分程度の短時間で判定することができる。これまで会話力や発音は、人によるリスニングで判定されることがほとんどで、判定する人のリスニングや感覚によって判定に差が出てしまうのが課題とされていたが、同機能ではAIが判定を行うため、同一基準でユーザーのレベルを判定できる。レベルは1から10までの10段階で判定。国際基準CEFRに準拠した信頼性の高い基準を設けている。

関連URL

「スピークバディ」

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
GIGAスクール構想 標準仕様書スペックに対応したタブレット端末が登場 Sky安心GIGAタブレット Windows10 Office 365搭載 Sky
NICA 全国ICTクラブ協会 《オンライン開催》 あなたもプロになれる! Webニュースライター講座

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス