1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 朝日新聞社、無料ウェブサービス「放課後たのしーと」朝刊で連載

2020年3月19日

朝日新聞社、無料ウェブサービス「放課後たのしーと」朝刊で連載

朝日新聞社は、新型コロナウイルス対策で臨時休校となった小学生と保護者に向けて、遊びの素材を届ける無料ウェブサービス「すき!がみつかる放課後たのしーと」を使った連載「おうちでたのしーと」を18日付朝刊から開始した。31日付朝刊まで14日間の予定で実施する。

「たのしーと」は、学童保育や放課後児童クラブといった放課後の現場の課題解決を応援するため、同社が東京学芸大学、ならびに東京学芸大こども未来研究所と共同開発したサービス。小学校1年生~3年生が同時に取り組める複学年対応の内容が、A4判のプリントにおさまり、毎月20枚前後を順次公開している。このたび、その内容を家庭向けに開放するとともに、遊びにそのまま使えるコンテンツとして紙面掲載した。

「工作」「体あそび」「数・工作」「言葉」のほか「東京学芸大学オリジナル」など、豊富なジャンルをカバー。それぞれに指導する大人向けのガイドがついており、連載紙面の「遊び方ガイド」と書かれたQRコードから、準備方法や遊ばせ方のポイントなどの分かりやすい解説を読むことができる。また、公式サイトから簡単な利用登録をすれば、ほかのコンテンツも無料で自由に印刷して楽しめる。

連載初日の18日付朝刊では、1ページ全面を使い、台紙も顔のパーツも切り取って遊ぶ「ふくわらい」を提供。最初の5日分の連載ページ内にあるイラストを集めてつくる「パズルラリー」も始まった。

「たのしーと」で遊んでいる写真や感想をハッシュタグ「#おうちでたのしーと」をつけてフェイスブックやツイッターに投稿すると、抽選で30人に「オリジナルクリアファイル&シール」がプレゼントされる。投稿の締切は4月5日。

関連URL

「すき!がみつかる放課後たのしーと」

朝日新聞社

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
PANDUIT 最適な校内LAN整備の実現には道路が要です GIGAスクール構想対応 Cat6A ソリューション カテゴリー6A製品の詳細はこちら
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • TERRACE 導入事例をご紹介 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 簡単入力で資料請求
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス