1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. エプソン、教育現場向け「プロジェクター利活用分析ツール」バージョンアップ

2020年3月23日

エプソン、教育現場向け「プロジェクター利活用分析ツール」バージョンアップ

エプソン販売は、同社の教育現場向けソフトウェア「プロジェクター利活用分析ツール」(VP18A-RB01)の「ログ収集アプリ」と「ログ分析ツール」の機能をバージョンアップして、19日から発売した。

このソフトウェアは、常設プロジェクターの利活用状況をネットワーク経由で把握して、管理・レポート作成ができる製品。

教育現場でのプロジェクター利活用状況を定量的に把握し、活用促進につなげたいという声に応える商品として、昨年2月28日に発売した。

今回のバージョンアップの主な点は、モニタリング対象のプロジェクターの一括登録に対応、教室(部屋)単位での分析に対応、学期単位での分析に対応、活用ログの一括エクスポートに対応というもの。また、Microsoft Windows Server2019にも対応するようになった。

複数台のプロジェクターのログ分析前の登録作業の効率化と、その稼働状況の詳細分析に対応したことで、より使い勝手が向上した。

価格は、1年間のアップデートサービス付きで、「オープンプライス」10万円前後。

関連URL

商品の詳細

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス