1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. エプソン、今年も2つのフォトコンテスト開催、作品を募集

2018年8月6日

エプソン、今年も2つのフォトコンテスト開催、作品を募集

エプソン販売は、2つのフォトコンテスト「エプソンフォトグランプリ 2018」と「meet up! -selection-」を開催、ともに9月3日~11月12日まで作品を募集する。

01「エプソンフォトグランプリ」は、インクジェットプリンターを使って作品づくりを楽しむことを目的に2006年からスタートしたフォトコンテスト。13回目を迎える今年は、昨年までの「ネイチャー部門」「ヒューマンライフ部門」「学生部門」に加えて、新たに「モノクロ作品部門」を新設した。

02グランプリは、全4部門の中から1作品が選出され、受賞者には副賞として賞金100万円とハイエンドデスクトップ PC「Endeavor Pro5900」を贈呈。また学生部門の「優秀賞」と「写真部団体賞」を見直し、「優秀賞(個人制作)」、「優秀賞(グループ制作)」に変更した。

審査結果は2019年2月下旬に発表予定。また、同年3月には「エプソンイメージングギャラリー エプサイト」で受賞作品の展覧会を開催する予定。

一方、「meet up! -selection-」は、フォトコンテストに気楽にチャレンジしてほしいとの思いから2017年に創設された新しいコンテスト。参加しやすいようあえて作品テーマは設けず、インクジェットプリントだけでなく銀塩プリントでの応募も可能。

さらに気軽にチャレンジしたい人には、データでも応募できる。特に昨年は、データでの作品応募が盛況だったことから、今年度から「データ部門」を新設し、従来の「プリント部門」とあわせて2部門制とした。審査結果は2019年2月下旬に発表予定。

「プリント部門」から選出されるグランプリ作品には、賞金30万円と副賞としてEIZO社製の24.1インチモニターを贈呈。さらにグランプリ受賞者1人と優秀賞受賞者3人によるグループ作品展を開催する予定。

「データ部門」の優秀作品には、賞金10万円と副賞としてColorio Veditionシリーズから好きなプリンター1台を進呈。また100人に「エプソン賞」として、応募作品をプリントしてプレゼントする。

関連URL

フォトコンテスト ポータルサイト

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi 主催:関西学院高等部、Classi(株) 探求学習×ICTカンファレンス2020 ICTでより深める探求学習のデザイン 開催日2.24(月・祝)
プログラミングを子どもに教えたい大人向け1日講座 毎月開催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 近畿大学付属小学校 すらら×小学校
  • Google for Education ワークショップセミナー 参加費無料 2019年11月~ 全国主要9都市にて 今すぐ申し込む チエル株式会社主催
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス