1. トップ
  2. データ・資料
  3. DNP、東京の公立中学でプラットフォーム「リアテンダント」の実証研究

2020年3月30日

DNP、東京の公立中学でプラットフォーム「リアテンダント」の実証研究

大日本印刷(DNP)は、同社の学習支援プラットフォーム「リアテンダント」を活用したテスト採点業務の改善に関する実証研究を、昨年9月~2月に東京都千代田区立「麹町中学校」で実施し、その結果を27日に公表した。

グラフは、1回のテスト(生徒約135人分)を7名の教員がそれぞれ実施して算出した実測値

同社は、児童・生徒一人ひとりに応じた学びと教員の指導を支援する「リアテンダント」を全国の自治体や学校に提供。神奈川・相模原市、岡山・倉敷市、奈良・奈良市、東京・荒川区と武蔵村山市、静岡・藤枝市、大阪・泉大津市などで全校導入されている。

今年3月には、全国100校(教員150人以上、自治体数では政令市含む42自治体のモデル校)で、「リアテンダント」の2020年度導入に向けた実証研究を完了。そのなかで、麹町中学で昨年9月~今年2月にかけて実証研究を行った。

同中学での実証は、1学年(数学)、2学年(数学・英語・理科・社会)、3学年(社会)を対象に実施。教員7人が参加した。

同中学では、「定期テスト」「担任制」「宿題」を廃止し、生徒の自律性を育むユニークな学校改革を実施。全国的にも注目を集めていたが、その一方で、教員の採点業務の負荷が高まるという課題があった。

その課題に対して、今回、「リアテンダント」を用いた採点デジタル化の実証研究を行ったところ、採点業務の所要時間が従来の675分から258分に短縮。これまでに比べ、教員の業務時間が60%削減されるという効果が得られた。

実証研究に参加した教員からは、「採点時間が短くなった」「合計点や観点別得点が自動で集計され、作業がラクになった」「点数の細かい分析ができるようになった」「空いた時間で生徒を見る時間が増えた」などの声が寄せられたという。

関連URL

「リアテンダント」

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
Microsoft Officeの小学生向け学習支援ソフト こどもOffice(R) ぼくたちは、世界標準で学ぶ GIGAスクール構想にも最適です!
NICA 全国ICTクラブ協会 Webニュースライター講座 ≪オンライン開催≫ あなたもプロになれる!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 子供と向き合う時間を創出する 学校の新ワークスタイルをご提案! ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス