1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. Nishika、AI・データサイエンスに特化した「Q&Aサービス」をリリース

2020年4月1日

Nishika、AI・データサイエンスに特化した「Q&Aサービス」をリリース

データサイエンスコンペティションを中心としたプラットフォーム「Nishika」を運営するNishikaは3月31日、AI・データサイエンスに特化した「Q&Aサービス」をリリースした。

2019年11月にスタートした「Nishika」は、この間、サイト上でQ&A機能の追加や求人メディア機能の追加を告知していた。

今回の「Q&A機能」の追加で、データサイエンティストだけではなく、AIやデータサイエンスを必要とする全ての人々が利用できるコミュニティプラットフォームへと進化した。

「Q&Aサービス」は、AI・データサイエンスの関連分野で、登録ユーザーが日常業務などで直面する課題・疑問を質問として投稿し、それに対してコンペティションなどに参加しているデータサイエンティストが回答するというもの。

AI・データサイエンスに特化している点が特徴で、同様のサービスは日本では初という。

また、第一線で活躍している登録ユーザーが直面する疑問や課題の解決だけではなく、AIやデータサイエンスの力を活用して事業課題を解決したい、というニーズにも応える。

「Nishika」には、コンペティションについての疑問や解法を共有するためのディスカッション機能もあるが、「Q&Aサービス」は開催しているコンペティションについての話題ではなく、広くAIやデータサイエンスに関する疑問や課題について意見を交換する場。

質問数や回答数に応じてステータス(Badge)が与えられるなどの仕組みも実装されている。

また、「Q&Aサービス」は、従来のコンペティションサイトに機能拡充される形で運営されるため、既存の「Nishika」登録会員は引き続き利用できる。

データサイエンスコンペティションは、AIやビッグデータの解析モデルをオープンイノベーション方式で開発する仕組みのことで、アメリカや中国でAI開発の新たな手法として普及している。

企業から提出されたデータセットを、「Nishika」に登録しているデータサイエンティストたちが各々解析して、AIモデルを作成。モデルの精度はリアルタイムで評価・ランキング化され、企業は最も性能が良いAIモデルを賞金と引き換えに獲得できる。

同社は今後もデータサイエンティスト・AIエンジニアの求人情報に特化した求人メディアの実装を予定しており、AIやデータサイエンスに特化した総合コミュニティプラットフォームへの機能拡充を計画している。

関連URL

「Q&Aサービス」

Nishika

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
GIGAスクール構想 標準仕様書スペックに対応したタブレット端末が登場 Sky安心GIGAタブレット Windows10 Office 365搭載 Sky
GIGAスクールでの表現活動に。 Adobe Spark 詳しくはこちら Adobe
Adobe Creative Cloud 一人年間500円以下 Adobe Creative Cloud 小中高向け 詳しくはこちら Adobe
NICA 全国ICTクラブ協会 《オンライン開催》 あなたもプロになれる! Webニュースライター講座

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 国内メーカーならではの手厚い対応/無償保証 「GIGAスクール構想」対応ネットワークソリューション AlaxalA
  • vmware GIGAスクール構想 文科省標準仕様に対応した MDM
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス