1. トップ
  2. 学校・団体
  3. DMM×東大VRセンター、「VR空間のインタフェース最適化」の共同研究

2020年4月2日

DMM×東大VRセンター、「VR空間のインタフェース最適化」の共同研究

DMMは4月1日、VR空間のインタフェースを最適化することを目的に、東京大学連携研究機構「バーチャルリアリティ教育研究センター」(VRセンター)と共同研究を開始した、と発表した。

今回の共同研究のテーマは、「VRシステムの評価及び最適化手法の提案」。DMM VR研究室が有するVRシューティングゲーム「BOW MAN」などのVRサービスでのデータ解析を行った上で、VRセンターとの連携で、インプット方式やアバタの表示など、VR空間のユーザーインターフェースへの習熟・没入度などに着目した。

科学的に定量解析・評価するための手法を確立することで、VR空間のユーザーインターフェースの最適化が期待できる。

DMMは、2018年からVR研究室を設置し、VR領域を始めとしたxR領域のリサーチと開発を行っており、「BOW MAN」などをリリースしてきた。

VRセンターでは、VR分野を担う人材の育成と、VRを活用した教育システムの普及を目的に、人間の知覚と心理についての基礎研究やハプティクス、ネットワーク、センシングなどVRの要素技術研究、VR応用システムおよび、VRアプリケーションのユーザーインターフェースなどの研究開発も行っている。

DMM VR研究室は、2018年12月に、DMMテクノロジー本部のR&D部門として発足したVR専門チーム。

CTOの直下で、ハイプレゼンスなVR領域をはじめとしたxR領域でのリサーチとVRゲーム開発を行っている。

関連URL

東大VRセンター

「BOW MAN」

DMM

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 創造性を育む学びに Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス