1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 鳥取大とAI Samurai、「人工知能の医療・介護分野への展開可能性」の共同研究

2020年4月29日

鳥取大とAI Samurai、「人工知能の医療・介護分野への展開可能性」の共同研究

AI Samuraiは27日、鳥取大学医学部医学科 医学教育学講座 医学教育学分野の植木賢教授と「人工知能による自然言語処理の医療・介護分野への展開可能性検討」について共同研究を行うと発表した。

播磨取締役、植木教授、白坂代表取締役

昨今の社会環境が大きく変化する状況において、医療・介護分野ではビッグデータ収集環境や高性能GPUによるAI研究環境整備が急速に進むことにより、AIによる医師の働き方改革への貢献が期待されている。

特に画像処理を中心に機械学習を用いた診断補助ツールの開発が進んでいるが、現場では医師と患者等のコミュニケーション情報等の言語処理の需要も増加しており、AIを搭載した自然言語処理の医療・介護分野への展開が期待されている。

同社はこれまで、鳥取大学の植木賢教授が考案した「発明楽(発明を生む4つの発想スキル)*1」の活動において共同研究を行うことで、知財創造教育の推進に貢献してきた。また、この活動を通じ、鳥取大学と連携を深めてきたという。

*1:「発明楽」とは、”発明を生む4つの発想スキル”として、①たし算(付加)、②ひき算(小型化)、③かけ算(転用)、④わり算(逆転)を挙げ、この4つの考え方を身につけることによって誰にでも新しい技術開発ができると考える柔軟で画期的な発想法。2019年に同社が実施した「ポラリスこどもキャリアスクール「発明と特許申請に挑戦する3カ月!-まだ存在しない「はじめて」を創り出そう!」」」においても、この発明楽メソッドを学んだのち、子どもたちが考えたアイデアを「AI Samurai」で評価し、アイデア創出から特許出願までを実体験するという試みを行った。

関連URL

AI Samurai

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス