1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 英語コーチング「PROGRIT」、上智大言語教育研究センター長が監修者に就任

2020年4月21日

英語コーチング「PROGRIT」、上智大言語教育研究センター長が監修者に就任

プログリットは20日、同社の英語コーチング「PROGRIT(プログリット)」のカリキュラム監修者に、上智大学特別招聘教授で言語教育研究センター長の吉田研作氏が就任したと発表した。

「PROGRIT」は、2016年9月のサービス開始以来、7000人以上の英語力を伸ばしてきた。第2言語習得論や応用言語学を基に、生徒が抱える英語学習の課題を抽出。一人ひとり異なった課題やレベルに対応したカリキュラムを提供している。

今回、より科学的なアプローチで学習者の英語学習を徹底的にサポートするため、上智大で外国語教育を研究し数々の実績や著書を残している吉田氏が、カリキュラムの監修を手掛けることになった。

吉田氏の監修で、「PROGRIT」は今まで以上に生徒の「英語学習における課題解決」と「英語習得のための徹底的なサポート」にフォーカス。質の高い科学的知見に基づいたサービスを提供していく。

吉田氏は、1948年京都生まれ。現在、上智大特別招聘教授、言語教育研究センター長。上智大外国語学部長、上智大国際言語情報研究所所長などを歴任。専門は応用言語学、英語教育、バイリンガリズム。

著書に、「プログレッシブ小学英和・和英辞典」(小学館)、「起きてから寝るまで英語表現リシーズ」(アルク)などがある。

関連URL

「吉田教授就任」

プログリット

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • GIGAスクールで育む創造性 Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス