1. トップ
  2. データ・資料
  3. データサイエンティスト協会、企業の求めるデータサイエンティスト人材とは

2020年4月22日

データサイエンティスト協会、企業の求めるデータサイエンティスト人材とは

データサイエンティスト協会は21日、国内企業におけるデータサイエンティストの採用に関する調査結果を発表した。


調査は昨年8月21日~10月8日に従業員30名以上の国内一般企業を対象に行われ、283社から有効回答を得た。それによると、データサイエンティストが1人以上在籍している企業は全体の29%、在籍者数の内訳は1~2人の企業が22%、3~5人が26%、6~10人が22%となった。在籍しているデータサイエンティストをタイプ別で分類すると、エンジニアタイプが最も多く43%、次いでマーケタータイプ33%、アナリストタイプ24%となった。

データサイエンティストを増員予定の企業に対して、今後3年間でのタイプ別の増員数を訊ねたところ、マーケタータイプが最も多く40%、次いでエンジニアタイプ36%、アナリストタイプ24%となり、ビジネスの視点でデータを分析できる人材が求められていることが窺えた。

同じくデータサイエンティストを増員予定の企業に対して、今後3年間で採用・育成したデータサイエンティストの具体的な人物像を訊ねたところ、「データによるビジネス課題解決を得意とする人材」「複数の分野を俯瞰的にみてデータ分析の活用を戦略的に考えられる人材」が求められていることが分かった。

一方で、この1年間で新たにデータサイエンティストを採用予定だった企業のうち、58%が「目標としていた人数を確保できなかった」と回答、データサイエンティスト不足が解消されていない現状が浮き彫りとなった。また、今後3年間でデータサイエンティスト在籍企業の77%が増員を予定、データサイエンティストがいない企業でも11%が新たに獲得したいと回答した。

関連URL

調査結果の詳細

データサイエンティスト協会

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
Cat6A 国内シェア No.1 カテゴリ6A LAN配線のことなら PANDUIT TM 校内LAN整備のQ&A 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • こらからの日本の教育ICTにフィットした環境作りを目指して 10月21日(水) 14:00~ オンライン SYNNEX
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス