1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ベアラボ、新卒社員に向けた双方向オンライン研修を開始

2020年4月30日

ベアラボ、新卒社員に向けた双方向オンライン研修を開始

ベアラボは28日、コロナウイルスの影響により自宅待機を余儀なくされている4月入社の新卒社員に向けたオンライン研修(双方向研修)を実施すると発表した。

これまで同社で、社員教育におけるコンサル、または年間教育契約を締結している企業向けに実施していた新入社員向け研修を、一般企業でかつテレワーク対象、もしくは自宅待機となっている企業にもプログラムを提供する。

新卒向け研修を実施している企業の中には、eラーニングを実施し、その習熟度はレポートで確認する手法を取っている企業も多くいると思うが、同社のオンライン研修は、リアルタイムによる双方向研修となる。そのため、講師との会話や受講生同士のディスカッション等がリアル研修と同様に行われ、使用するテキストもリアル研修の時と同様のものを自宅に発送する。

そのため、一方的に閲覧しているだけ、聞いているだけの状態にならず、成果物としてテキストに自身の書き込みがある研修履歴が残るため、リモート明けの実現場においても見直したり活用したりすることが可能。

今年は、ほとんどの企業が自宅待機、もしくは在宅での研修に切り替えたことから、人脈がほとんど出来上がっていないケースが見られる。研修の内容によっては、チームでディスカッションを行い、発表するものもあるため、自然と新入社員同士のコミュニケーション力がUPしていく。また、同時期に他企業の新卒社員が受講していれば、他社にいる同時期入社の社員と人脈を作ることも可能。

新卒向け研修は、パッケージ型の研修が多いが、同社の研修は1講義から受講可能。すでにeラーニングで実施済みの研修を、再度、オンライン研修で受講する企業もいるという。スケジュールによっては、研修内容をカスタマイズすることも可能なので、相談してほしいという。

費用は、1講義テキスト料込で1人当たり1万円から。日程等詳細は、問い合わせすると、資料をメールで送付する。

問い合わせ先

ベアラボ オンライン研修窓口

関連URL

ベアラボ

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 児童生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス