1. トップ
  2. 学校・団体
  3. ユニセフ、インドの通信会社と共にサハラ以南アフリカでの遠隔学習を支援

2020年5月25日

ユニセフ、インドの通信会社と共にサハラ以南アフリカでの遠隔学習を支援

日本ユニセフ協会は22日、ユニセフ(国連児童基金)が、インドの通信会社バルティ・エアテルのアフリカ事業子会社「エアテル・アフリカ」とパートナーシップを結んで、新型コロナウイルスのパンデミック下で学校が休校になっている、サハラ以南アフリカ13カ国の学齢期の子ども推定1億3300万人に、遠隔授業の支援をすると発表した。

このプロジェクトでは、子どもたちに遠隔学習へのアクセスを提供し、モバイル送金を通じて家族に現金を給付する。

遠隔学習は、家庭でデジタルツールを利用できる子どもたちが学習を継続できるようにするための、ユニセフの中心的な取り組みの一つ。

「エアテル・アフリカ」は、教育コンテンツを扱うウェブサイトをゼロレーティング(通信料金の無料化)し、デジタルコンテンツへのリモートアクセスを子どもたちに無料で提供する。

また、今回のパートナーシップは、収入がなくなったことで社会・経済的困難が増している家庭を含む、地域全体で最も弱い立場に置かれた世帯に対し、その経済的障壁を緩和するために不可欠な現金給付支援を促進する手段を、ユニセフに提供する。

これにより、パンデミックによる健康と経済危機に対処するための資金を、各世帯が確保できるようになる。

今回の取り組みは、チャド、コンゴ、コンゴ民主共和国、ガボン、ケニア、マダガスカル、マラウイ、ニジェール、ナイジェリア、ルワンダ、タンザニア、ウガンダ、ザンビア、のサハラ以南アフリカ13カ国の子どもとその家族が対象。

関連URL

「新型コロナに関するユニセフの情報」

各種ガイドライン

日本ユニセフ協会

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 新規利用自治体募集 ※条件・応募自治体数上限あり 2024年3月まで無償 オンライン説明会開催中
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス