1. トップ
  2. 学校・団体
  3. ユニセフ、学校再開で「国連子どもの権利委員会」が全国の学校などにメッセージ

2020年5月27日

ユニセフ、学校再開で「国連子どもの権利委員会」が全国の学校などにメッセージ

日本ユニセフ協会は26日、新型コロナウイルスによる休校からの学校再開にあたって、全国の教育委員会や学校宛てに、「国連子どもの権利委員会」委員の大谷美紀子弁護士からのメッセージを届けると発表した。

国連子どもの権利委員会委員 大谷美紀子弁護士 © 日本ユニセフ協会_2019

大谷氏のメッセージには、再開後の学校で、子どもたちにとって一番大事なこと(学習や健康、遊び、安全、心のケアなど)が何よりも重視されること、様々な課題の解決について子どもたちの意見を聴いて一緒に考えること。

そして、差別や偏見に関して話し合う時間の大切さ、暴力や虐待など心配な兆候に注意することなど、「コロナ休校」で大きな影響を受けてきた子どもたちに対応する際の、子どもの権利の観点からのポイントがまとめられている。

このメッセージは、同協会ウェブサイトで公開するとともに、全国すべての都道府県と一部の政令指定都市の教育委員会、全国約1万2000校の小・中・高校に、メールで知らせる。

また、メッセージに合わせ、ユニセフがこれまでに発表してきた、学校再開のためのガイドライン、正しい手洗いに関する情報、虐待やネット上のリスクから子どもを守るための指針、差別・偏見に関するガイドライン、メンタルヘルスに関するヒントなど、新型コロナウイルスに関連する様々な情報も届けられる。

関連URL

「大谷弁護士のメッセージ」

新型コロナウイルスに関するユニセフの情報

日本ユニセフ協会

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス