1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 内田洋行、小中高休校措置の支援で新たに英語学習のオンライン講座を開設

2020年6月3日

内田洋行、小中高休校措置の支援で新たに英語学習のオンライン講座を開設

内田洋行は1日、休校措置による自宅学習を支援するため、オンライン英語学習教材「ATR CALL BRIX(エーティーアールコールブリックス)」の無償提供を行っているが、同教材を使って継続的な学習を促進するために、英語の専門講師によるオンライン講座を新たに開設すると発表した。

また、休校支援が好評であること、学校再開後も言語習得において大切な繰り返しの学習を行っていくことが重要と考えて、「ATR CALL BRIX」の利用期間を8月31日まで延長。

オンライン講座の流れは、講師が簡単な自己紹介をするなど、受講者の緊張をほぐすためのアイスブレイクをしながらレッスンが始まる。講師は学習内容に関連する情報を提示しながら解説するなど、個別学習ではできない学びが体験できるという。講師と双方向なやり取りをしながらレッスンを振返り、学習の継続を促してレッスンは終了。

このオンライン講座は、「ATR CALL BRIX」のカリキュラムをベースにレッスンが構成された、「ATR CALL BRIX」の利用者向けサービス。休校支援のための無償利用に申し込みすると、オンライン講座も8月31日まで無償で参加できる。

オンライン講座の講師は、内田洋行とATR研究所が2008年に設立した「ATR Learning Technology」に所属する英語講師や、外国語習得研究における博士号取得者のプロフェッショナルが務める。「ATR CALL BRIX」のカリキュラムに合わせて、小学生・中学生・高校生向けに開講し、いずれも1回15~20分でレッスンを行う。

申込方法は、「ATR CALL BRIX」をすでに購入している学校、および休校支援用の無償アカウントを登録した学校は、順次オンライン講座の専用サイトのID/パスワード情報等を案内する。

新規に申し込みを希望する教育委員会・学校は、下記申請書類請求フォームから休校支援への申請書類を請求する。

関連URL

申請書類請求フォーム

ATR CALL BRIX

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス