1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. プロボクサー村田諒太選手の「オンラインエール授業」アーカイブ動画を公開

2020年6月5日

プロボクサー村田諒太選手の「オンラインエール授業」アーカイブ動画を公開

インハイ.tvと全国高校体育連盟は4日、プロボクサー(現WBA世界ミドル級チャンピオン)村田諒太選手が全国の高校生に向けて行った「オンラインエール授業」のアーカイブ動画を公開した。

インハイ.tvと同体育連盟は、新型コロナウイルスの影響で中止になったインターハイの全30競技の部活動を行う高校生に向け、アスリートや全国の有志からのエールを届ける「明日へのエールプロジェクト」を5月26日に開始。

同プロジェクトの第1弾として、アスリートたちから高校生や高校部活動指導者に向けた、「オンラインエール授業」を開催。その第1回の授業の講師に村田選手を迎え、5月26日16:00~17:00に、全国高校ボクシング部のキャプテンらが集い、村田選手と「いまとこれから」を話し合った。授業当日のアーカイブ動画は、公式サイトで4日から公開中。

授業で、村田選手は、「インターハイが中止になってしまった人の気持ちが少しわかる」と共感。高校3年の時に、選抜大会とインターハイを制し、高校5冠を達成した村田選手だが、当時すでに1歳年上の選手が「高校6冠」の記録を作り、同じ記録に並ぶ間際まで来ていたにもかかわらず、そのチャンスをかけた大会に出場できなかった悔しさを語った。

また、高校卒業とともにボクシングを辞める高校3年生から、「これから何を目標にしてやっていけばいいでしょうか」と質問された村田選手。

「この質問が来ると困るなと思っていました」と考えをめぐらせながら、「その答えは存在しない、というのが本音。物事の『よかった』『悪かった』はあとから判断できること。インターハイがなくて悔しい思いをしたから今があると思えるかどうかは、未来の自分にかかっているんだと思う」とやるせない想いを抱える高校生にエールを送った。

最後に、村田選手は「一つの出来事もどう捉えるかという個人の判断次第。(インターハイが中止になった)今の状況もそうだと思う。これからも自分にとっていい判断をして、成長して先に進んでほしい」と明日へのエールを送った。そして、全員でファイティングポーズを行い、授業を締めくくった。

関連URL

村田選手「オンラインエール授業」のアーカイブ動画

「明日へのエールプロジェクト」

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Yubi Plus 先生方にもテレワークを! 埼玉県 狭山市教育委員会 様 テレワーク実践事例 詳しくはこちら
Classi 導入事例 客観的データに基づく学習指導 佐賀県立致遠館中学校・高等学校
jamf jamfは100を超える自治体で採用! Appleデバイス管理なら CLICK
クラウド授業支援 画面と表情を同時に確認 TeacherView

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 活用事例集プレゼント!
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス