1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. エナジャイズ、上智大×テンプル大共催の「バーチャルキャリアフェア」を運営

2020年6月10日

エナジャイズ、上智大×テンプル大共催の「バーチャルキャリアフェア」を運営

エナジャイズは9日、上智大学とテンプル大学が共催し、7月8日に初めてバーチャルで実施するキャリアフェア「INTERNATIONAL STUDENTS VIRTUAL CAREER FAIR in English」の運営を行うと発表した。

このイベントは、同社が今年3月から日本で展開しているSaaSプラットフォーム「EASYバーチャル・フェア」を利用して開催される。

EASYバーチャル・フェアは、イベントの出展者と参加者がそれぞれオフィスや在宅など遠隔でも、それぞれの目的の元で出会う機会を担保するために、単なる動画閲覧やウェビナーではなく、リアルタイムで双方向の交流ができる洗練されたフェア体験をクラウドサービスとして提供している。

同社は、従来から提供している、キャリアフェア自体の企画・プロデュースに加え、EASYバーチャル・フェアの活用設計から当日の運営、効果フィードバックまで、ハンズオンで同イベントの開催をサポートする。

両大学では、これまでにもキャリアフェアを共催しているが、バーチャル空間を活用したオンライン形式での開催は、今回が初めて。

両大学合わせ2400人以上の外国人留学生が勉学に勤しんでおり、今回のイベントは、多彩な異文化経験適応力などを兼ね備え、日本語の習得にも励んでいる学生たちが、学んだ知識や生活経験を卒業後の日本でのキャリア機会に繋げることを支援するために開催される。

参加者は、2020年秋~2022年春に卒業予定の外国人留学生、ビジネスレベルの英語力のある日本人学生を想定しているが、学内のキャリア形成支援という特性上、日本での就職を検討している低学年次生や交換留学生などにも広く参加を促す予定。

開催概要

開催日時:7月8日(水)12:30~18:00
開催方法:バーチャル開催
詳細

関連URL

エナジャイズ

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス