1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 産経新聞社、100年後まで残る漢字を作る「創作漢字コンテスト」の作品を募集

2020年6月18日

産経新聞社、100年後まで残る漢字を作る「創作漢字コンテスト」の作品を募集

産経新聞社は17日、同社などが主催する「第11回創作漢字コンテスト」の作品の募集を開始した。

同コンテストでは、100年後まで残るような、世相や生活、夢を反映した「一字」を募集しており、締め切りは9月11日。立命館大白川静記念東洋文字文化研究所前所長の加地伸行氏や作詞家の秋元康氏らが審査し、12月下旬に入賞作品を発表する。

募集概要

第10回最優秀賞 【音】カイ【訓】かいようおせん(海洋汚染)

応募締切:9月11日(金)=当日消印有効=
結果発表:12月下旬ごろ、産経新聞紙上で発表予定
応募方法:はがきで1通につき1字(何通でも応募可)。訓読みと意味・解説・例文を必ず付記(意味・解説・例文も審査対象。音読みはあってもなくても可)。氏名、年齢、生年月日、職業または学校名・学年、郵便番号、住所、電話番号を明記して送付
送付先:〒100-8697 日本郵便銀座郵便局JPタワー内分室郵便私書箱2165号 産経新聞社「創作漢字コンテスト」事務局●係
(注)●は、A係(社会人・大学生)またはB係(高校生)、C係(小・中学生)のいずれかを記入
主な賞:
・「最優秀賞」(全応募者対象)1人に図書カード・商品券各5万円分、白川静著「字通[普及版]」と「同訓異字」
・「富国生命優秀賞」(社会人・大学生)若干名に図書カード・商品券各1万5000円分と「白川静の世界」全3巻
・「Z会優秀賞」(高校生部門)若干名に図書カード・商品券各1万5000円分と白川静著「常用字解(第2版)」
・「Z会優秀賞」(小・中学生部門)若干名に図書カード・商品券各1万5000円分と白川静著「常用字解(第2版)」
・「富国生命・審査委員長特別賞」(全応募者対象)若干名に図書カード・商品券各1万5000円分と白川静著「常用字解(第2版)」

詳細

関連URL

産経新聞社

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • みらいスクールステーション 学校内の密集回避や分散授業に みらスクで感染症対策! FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 国内メーカーならではの手厚い対応/無償保証 「GIGAスクール構想」対応ネットワークソリューション AlaxalA
  • vmware GIGAスクール構想に対応した MDM VMware Workspace ONE
  • BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス