1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 「Moodle」、オンライン授業の無償支援9月末まで対象を全国の高校・大学に拡大

2020年6月22日

「Moodle」、オンライン授業の無償支援9月末まで対象を全国の高校・大学に拡大

日本ムードル協会(MAJ)は19日、イーラーニング社と協同で、新型コロナウイルスの影響を受けている全国の高校、大学に向けてオンライン授業が可能となる、学習管理システム「Moodle(ムードル)」のサーバ利用環境、および運用支援を無償提供すると発表した。

MAJとイーラーニング社は3月に全国に先駆けて独自の「緊急事態宣言」が出された北海道の高校、大学を対象とした支援として「Empowering Educators in Hokkaidoプロジェクト(EEHプロジェクト)」をすでに実施。

その後、「緊急事態宣言」の対象地域が全国に拡大されたことを受け、北海道のみならず全国の教育機関からの問い合わせが急増。EEHプロジェクトを「Empowering Educators in Hokkaido and Elsewhere in Japanプロジェクト(EEHJプロジェクト)」と名称変更し、無償提供の対象を国内すべての高校・大学に拡大。

EEHJプロジェクトプロジェクト概要

EEHJプロジェクトプロジェクト概要
■期間:9月30日迄
■対象:国内大学・高校
クラス数・受講人数に限らず、1校毎に個人情報保護等を担保した上で利用可能な環境を提供。1校あたり1000人未満とし、1クラス程度の小規模でも応募可能。
■内容:
・Moodleのサーバ利用環境
・Moodle初心者サポート
・ビデオ会議システム「Zoom / Microsoft Teams」との連携も可能
*上記期間中は無償で提供するが、期間終了後は他のMoodleへの移行も可能。
*ビデオ会議システム「Zoom / Microsoft Teams」の契約が別途必要。

関連URL

EEHJプロジェクトプロジェクトの詳細・問い合わせ・応募受付(ゲストログイン)

日本ムードル協会

イーラーニング

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 児童生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス