1. トップ
  2. データ・資料
  3. 22年卒学生の76.3 %が「地方でのインターンシップ」に参加希望 =学情調べ=

2020年7月6日

22年卒学生の76.3 %が「地方でのインターンシップ」に参加希望 =学情調べ=

学情は、テレワークの推奨で地方へのUIターン希望者が増えていることを受け、2022年卒学生1000人余りを対象に「地方でのインターンシップに関するアンケート調査」を実施し、その結果を3日に発表した。

それによると、「地方で実施されるインターンシップ」に76.3%が参加したいと回答し、「参加を希望しない」の23.9%を大きく上回る結果となった。

「UIターン就職を希望している人」は、ほぼ全員が「地方で実施されるインターンシップに参加希望」としている。

また、特筆すべきは、「UIターンや地方での就職を希望しない」と答えた人も、「地方で実施されるインターンシップ」に参加したいと回答した人が68.3%に上ったこと。

現時点では「UIターンや地方での就職」を希望していない学生も含めて、多くの学生が「地方で実施されるインターンシップ」に関心を持っていることが分かった。

地方で参加したいインターンシップについては、「インターンシップの内容が面白そう」が最多で63.4%。

「観光や地域振興に関わる仕事を体験してみたい」「特色ある製品を製造するメーカーの仕事を体験してみたい」などの声があがっており、都市部では体験できない地方ならではの内容のインターンシップに参加したいという意向が伺える。

また、「オンラインで参加できる」52.9%との回答が続いた。今年6月の「インターンシップの参加意向」に関する調査でも、「オンラインで参加できるインターンシップがあれば参加してみたい」と答えた学生が83.4%おり、ほとんどの学生はオンラインでのインターンシップ参加に抵抗がない。

オンラインでの参加であれば、都市部の学生が地方企業のインターンシップに参加することも容易になり、今後、「オンライン地方インターンシップ」が1つのトレンドになる可能性もある。

地方で開催されるインターンシップへの参加希望時期は、「8月」81.9%、「9月」81.3%でともに8割超だった。夏休み期間に参加したいという意向が伺える。

この調査は、6月17日~29日にかけて、インターンシップ情報サイト「あさがくナビ2022」
にアクセスしたサイト来訪者に、アンケートのポップアップを表示する方法で実施。

有効回答数は1036人で、その内訳は北海道・東北2.5%、関東44.9%、北陸・甲信越1.5%、中部・東海6.7%。「UIターンでの就職希望」に関しては、「希望する」が26.8%、「希望しない」が73.2%。

関連URL

調査結果の詳細

学情

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
PANDUIT 最適な校内LAN整備の実現には道路が要です GIGAスクール構想対応 Cat6A ソリューション カテゴリー6A製品の詳細はこちら
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • TERRACE 導入事例をご紹介 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 簡単入力で資料請求
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス