1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 角川まんが「日本の歴史」、東大受験専門塾の講師が動画で紹介

2020年7月6日

角川まんが「日本の歴史」、東大受験専門塾の講師が動画で紹介

KADOKAWAは、累計560万部を突破した角川まんが学習シリーズ「日本の歴史」を紹介する動画を、3日に発表した。

この紹介動画は、東大受験指導専門塾「鉄緑会」の日本史主任・岩田 丞史(いわた じょうじ)氏が解説を担当している。

「日本の歴史」は、東大・山本博文(やまもとひろふみ)教授監修の学習まんがで、「人物を中心にした物語」と「時代の大きな流れ」の2つに主眼を置いて全体を構成。

まずは、その時代の特徴がひと目で分かるイラストページを入れ、どの部分に時代の移り変わりが現れているかを可視化して分かりやすく解説。大きな流れを踏まえたうえで、本編を読みはじめるスタイルで、理解がしやすくなっている。

たとえば、「壬申の乱(じんしんのらん)」については、朝廷軍と大海人軍のどちらが東国を味方につけるかが勝敗を分ける重要なポイントであることが描かれている。

因果関係を分かりやすく描き、古代史の転換点がつかみやすい。これは、東大入試2008年第1問で取り上げられているテーマとほぼ同じ内容だという。

近現代史では、伊藤博文が憲法草案作成の際に、「予算の成立」と「法律の制定」には議会の承認が必要だと強く訴えているシーンがあり、これは現代の民主主義の出発点とも言える重要なシーン。このテーマも、東大入試2014年第4問に取り上げられている。

全15巻+別巻4冊定番セット、合計4256ページで、定価1万5200円+税。

関連URL

「日本の歴史」全15巻・無料ダイジェスト版

「日本の歴史」シリーズ

KADOKAWA

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
YubiPlus 校務情報を安心・安全に利用 校務用PCの二要素認証ログイン 秀明英光高等学校 導入事例 詳しくはこちら
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
ニュース記事の作成・提供 膨大なリリースから最適なネタを選択し記事化して廉価で提供 取材記事も作成可能 WANITEL Web-News Writing Service

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス