1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. AI先生「atama+」、塾・予備校のコロナ禍の新常態も支援

2020年7月10日

AI先生「atama+」、塾・予備校のコロナ禍の新常態も支援

atama plusは9日、コロナ禍の新常態(ニューノーマル)に対応するため、塾・予備校向けに、対面ないしオンラインで行う授業に加え、家庭や自習室などの学習時間にもAI先生「atama+」で学習できるサービスの提供を開始すると発表した。

同社は、生徒一人ひとりに学びを最適化する「atama+」と、生徒の学習姿勢、進捗などをリアルタイムで確認できる講師向けアプリ「atama+COACH」を提供。7月9日時点で、全国の塾・予備校1900教室以上が導入している。

今年2月末からは、「atama+」を自宅のパソコンやスマホのブラウザ経由でも利用できるよう対応。塾・予備校が対面授業を自粛する間も、オンライン授業の実施で生徒の学びを継続できるようサポートしてきた。

こうした変化をうけて、これまで対面もしくはオンラインで実施してきた塾の授業時間内に加え、家庭や自習室での学習時間でも「atama+」を活用する生徒の学校外学習を全面的に支援するサービスを開始する。

生徒は、時間や場所の制約なく学習できるようになる。さらに、いつどこで学習しても「atama+」の学習データは連動しており、常に学ぶ教材や順番が一人ひとりに最適化された状態で学習できる。

また、授業時間外の家庭や自習室での学習でも、生徒の学習姿勢、進捗などの学習データは、講師向けアプリ「atama+COACH」に蓄積される。

講師は、「atama+COACH」で生徒の授業時間外も含めた学習データを確認しながら、コーチングを行う。

「解説を読んでいない」などの学習姿勢についてのデータをもとに、学習の仕方をアドバイスしたり、習得にかかった時間や目標までの予測学習時間を見ながら授業時間外の学習計画を立てたりすることで、生徒の学校外学習全体をサポートできるようになる。

すでに、能力開発センター、駿台予備学校、城南予備校DUO、Z会グループの大学受験ディアロなどatama+導入塾・予備校の多くがこのサービスを活用し、学校外学習全体を支援するコースを開始している。

関連URL

atama plus

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
ぼくたちは、世界標準で学ぶ こどもOffice(R) Microsoft Officeの小学生向け学習支援ソフト 製品サイトへ
NICA 全国ICTクラブ協会 Webニュースライター講座 ≪オンライン開催≫ あなたもプロになれる!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 子供と向き合う時間を創出する 学校の新ワークスタイルをご提案! ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス