1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 第2回G検定、過去最高1万2552人が受験し8656人が合格

2020年7月20日

第2回G検定、過去最高1万2552人が受験し8656人が合格

日本ディープラーニング協会(JDLA)は16日、第2回G検定(ジェネラリスト検定)を4日に実施し、過去最高となる1万2千552人が受験し、8656人の合格者(合格率68.96%)が誕生したと発表した。

AI(人工知能)分野の中でも特に成果を出すディープラーニングをビジネスへ活用する人材であるG検定の合格者は、累計2万7千377人。受験者数は初めて1万人を超え、前回と比較すると約2倍に増加。

今回の受験者数増加はコロナ禍における「AI化の加速に伴う学習ニーズの高まり」と「学習機会としての自粛期間の活用」が大きく影響したものだという。

G検定は、ディープラーニング技術に関する最新知識だけではなく、AIの歴史や機械学習の基礎、AI利活用時に不可欠な知識である法的リスクや倫理を取り巻く議論など、幅広く学ぶ検定。

関連URL

第2回 G検定出題範囲(シラバスから出題)

日本ディープラーニング協会

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス