1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 学研プラス、家庭で「二酸化炭素」が簡単に検出できるキットを発売

2020年7月28日

学研プラス、家庭で「二酸化炭素」が簡単に検出できるキットを発売

学研プラスは27日、同社の「自由研究おたすけキットシリーズ」の新刊「二酸化炭素を調べよう」を発売したと発表した。

このキットには、空気中の二酸化炭素と反応すると色が消える薬品「二酸化炭素検出薬」が付属。試験紙を調べたいものに近づけるだけで簡単に二酸化炭素の有無が確認できる。

また、二酸化炭素の量が多いほど色は早く消えるため、いろいろな場所の二酸化炭素量を比べられる。

具体的な実験としては、炭酸飲料や発泡入浴剤、ドライアイスなど、身の回りのものから二酸化炭素を発生させるものを探し出せる。悪いイメージを持たれがちな二酸化炭素だが、生活を便利にするために広く利用されている気体であることを知ることができる。

また、居間や台所、車の多い道路沿いなど、いろいろな場所の空気を調べることで、化石燃料を燃やすと二酸化炭素が発生することも分かる。

人がたくさん集まる、いわゆる「3密」空間も二酸化炭素濃度が高く、生命活動によっても二酸化炭素が発生することが確認できる。

日中、光合成によって植物が二酸化炭素を吸収することが確かめられ、二酸化炭素を減らすには植物の存在が重要であることも学べる。

オールカラー16ページのガイドブックには、実験のやり方のほかに、地球温暖化の仕組みとその原因、気候変動がもたらす深刻な影響などを、図入りで分かりやすく解説。

197×117mm/ブック16ページで、価格は本体1200円+税。

関連URL

「二酸化炭素を調べよう」詳細・購入

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 新規利用自治体募集 ※条件・応募自治体数上限あり 2024年3月まで無償 オンライン説明会開催中
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス