1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 知財図鑑、小学生を対象とした「超・自由研究アワード2020」を開催

2020年7月31日

知財図鑑、小学生を対象とした「超・自由研究アワード2020」を開催

知財図鑑は30日、全国の小学生が取り組んだ個性ある「自由研究」を公募し、その中から「宝の原石」を発掘するアイディアコンテストを初めて開催すると発表した。同コンテストは、特に優れたものを「知財図鑑」サイトにて紹介し、3Dプリンターや特許出願に関するアドバイスをするなど、次なるイノベーションの種を発掘していく企画。

同社は世の中に眠る「すごい知財」を紹介し、新しいイノベーションを起こす活動をしている。子供の自由研究のような個人のアイディアは、学校の宿題として提出されて終わることが多く、世の中に発表される機会が少ない。その「宝の原石」を評価し、世の中に公開していくことも同社のミッションの一つと考え、同アワードを創設した。

同アワードは、子供たちの自由な視点や自由な研究をリスペクトし、それを一つの知財として正当に評価することで、そのアイディアに新たな可能性を与え、未来を担う彼らのチャレンジを後押しすることにつながるという同社の考えに基づき開催される。

同社は新型コロナウィルスの影響で各校の夏休みが短縮され、夏休みの自由研究も取りやめになる学校もあるといわれる中、学校の宿題ではなく本当に好きなことの研究に費やすことを「今年らしい夏休みの過ごし方」として提案。学校の宿題を兼ねた作品や過去作品でも応募できる。

応募概要

テーマ:好きなことを好きな方法で表現した作品・研究。
※作品の形式は不問(動画や立体物、デジタル作品も可)
応募資格:小学生(国籍・所在地は問わず)
※小学生同士であれば複数名のグループでの応募も可
応募期間:8月1日から31日
※9月末に「知財図鑑」ウェブサイト内特設ページにて発表予定。最優秀賞1名、優秀賞3名、特別賞複数名の他、副賞として3DプリンターやApple iPadなどを用意

関連URL

知財図鑑 「超・自由研究アワード」

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 新規利用自治体募集 ※条件・応募自治体数上限あり 2024年3月まで無償 オンライン説明会開催中
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス