1. トップ
  2. 学校・団体
  3. JCV、津田塾大がAI温度検知機器を導入

2020年8月4日

JCV、津田塾大がAI温度検知機器を導入

日本コンピュータビジョン(JCV)は3日、AI温度検知システム「SenseThunder」を津田塾大学(小平キャンパス、千駄ヶ谷キャンパス)に納入したことを明らかにした。

津田塾大学 小平キャンパス守衛所(機器写真)

今回導入されたSenseThunderは、対象と1.2メートルの距離を保った位置からでも、0.5秒で±0.4℃の精度で温度検知する。津田塾大学小平キャンパスでは、正門の守衛所に同システムを設置し、学生、教職員を含む来校者の温度検知を実施している。

来校者はシステムの端末に顔を向けるだけで自身の温度を瞬時に確認でき、ソーシャルディスタンスを保ちながら、端末を通して発熱の疑いを把握し効率的にスクリーニングすることができる。

関連URL

「SenseThunder」

日本コンピュータビジョン

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 創造性を育む学びに Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス