1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. ヴイストン、2020夏休み自由研究「みんなでチャレンジ!プログラミング大会」開始

2020年8月4日

ヴイストン、2020夏休み自由研究「みんなでチャレンジ!プログラミング大会」開始

ヴイストンは7月31日、Webブラウザから無料利用可能なプログラミング学習ツール「プログラムランド」を利用したキャンペーンを開始すると発表した。

新型コロナウイルス感染症の拡大をうけ、今年は夏休みも通常と大きく異なるものとなっている。しかし、未来を担う小中学生には、このような中にあっても「夏休みを活用した自由な学習」や、「普段はあまりチャレンジしないことへの挑戦」など、今しかできない貴重な経験をしてもらいたいという。

そこで同社では、Web上で無償公開をしているプログラミング学習ツール「プログラムランド」を活用し、同キャンペーン専用のコースをクリアするタイムを競うキャンペーンを実施。

Webブラウザ上で作成したプログラムを動画で撮影し、SNSに投稿することで参加できるので、プログラミングにあまり触れたことがない人でも簡単にチャレンジできるという。

実施期間内に動画投稿したタイムのうち上位10位までを入賞とする。入賞賞品として、後日に同社から記念品が贈られる。

キャンペーン概要

実施期間:8月1日 0時00分~8月30日23時59分
対象者:小学生、中学生
実施内容:
期間中、プログラムランドには専用のコースである「Sotaコース」と「レーシングコース」が設置される。参加者は、2つの専用コースのどちらか、あるいは両方にチャレンジし、できるだけ早くゴールできるプログラムを作成。早くゴールできるプログラムが完成したら、そのプログラムでコースをクリアしている様子を、スマートフォンなどを使い動画で撮影する。撮影した動画は、詳細に記載の内容に従ってSNSに投稿する。
入賞賞品:
・表彰状(1位~10位まで共通)
・記念品(下記同社製品のうち、希望の品物を1つ)
「計測制御プログラマー」
「ビュートレーサー CD-ROM・USBケーブル付き」
「ビュートローバーH8」
「ビュートローバーARM」
「ピッコロボIoT」
詳細

関連URL

ヴイストン

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス