1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. ヴイストン、学習用図形描画ロボット「ナノローバー」発売

2019年7月24日

ヴイストン、学習用図形描画ロボット「ナノローバー」発売

ヴイストンは、学習用図形描画ロボット「ナノローバー」を25日から販売する。価格は4万円(税別)。

0724-nrナノローバーはペンのアップダウン機能を備えた卓上サイズのプロッターロボット。教材として、プログラミング学習にとどまらず、数学などの一般教科をより効率的に、楽しく、実感を伴って学習するためのツールとして活用できる。

特に数学においては、数学の応用先としてのロボット工学への理解と、ロボット工学を支える必須知識としての数学への理解とが双方向に深まり、実社会で真に役立つ知識や技術の習得に寄与することが期待されるという。

教材として求められる扱いやすさを実現するため、数学の数式を直接入力できる専用ソフトウェア「nanoRoverMath」を新規開発した。プログラミング不要で、ソフトウェアに入力した数式がそのままグラフとして紙面に描画されるほか、ソフトウェア上で速度、加速度、移動距離などを指定し、「Goボタン」を押すことで動作させることもできる。

小型の筐体でありながら、ナノローバーには高精度のエンコーダー付きギヤードモーターが内蔵されており、エンコーダーのフィードバックを生かした緻密なモーター制御と精密な本体構造により、安定した描画を実現している。ペンをアップダウンする機構も備え、線の描画が不要な場合にはペンをアップすることで、グラフや図形を正しく描き出すことができる。

また、付属の専用ソフトウェア「nanoRoverMath」以外にも、Arduino IDEを使ったプログラムの開発と、ROSデバイスとしての制御に対応。通信方式については、USBケーブルでの有線接続、Wi-Fiでの無線接続、Bluetoothでの無線接続に対応している。

関連URL

製品サイト

販売サイト

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
Microsoft Officeの小学生向け学習支援ソフト こどもOffice(R) ぼくたちは、世界標準で学ぶ GIGAスクール構想にも最適です!
NICA 全国ICTクラブ協会 Webニュースライター講座 ≪オンライン開催≫ あなたもプロになれる!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 子供と向き合う時間を創出する 学校の新ワークスタイルをご提案! ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス