1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. コンピューターで受験する「CD IELTS」を9月から東京で本格実施

2020年8月11日

コンピューターで受験する「CD IELTS」を9月から東京で本格実施

ブリティッシュ・カウンシルは6日、日本英語検定協会と、共同運営を行っている英語運用能力試験、IELTS(アイエルツ)において、コンピューターで受験するIELTS(CD IELTS)を9月上旬から、まずは東京で本格実施すると発表した。なお受験エリアや開催日は今後、随時拡大していく予定。


CD IELTSは、2019年3月から、東京、飯田橋のブリティッシュ・カウンシルで実施しており、従来の紙と鉛筆で受験するIELTSと内容、採点基準、試験時間、検定料は変わりないが、ライティングとリーディング、リスニングの各方式は、コンピューターにタイプ入力し、解答用紙に記述する従来のIELTSとは異なる試験。

PCの普及率向上や手軽さもあり、CD IELTSの受験者のニーズは大変高く、実施以来、CD IELTSでの受験を希望する人は増加傾向。このような状況を受け、今年9月から日本英語検定協会が英検CBTや英検S-CBTの試験会場として東京に設置するテストセンターにおいて、CD IELTSも実施することとなった。なお従来のIELTSも、これまでどおり実施するという。

CD IELTSの特長は、リスニングにおいて、大型ヘッドフォンを個別に使用するため、試験に集中しやすい環境で受験できる。タイピング入力に慣れた人には、ライティングとリーディングにおいて、解答用紙に手書きするよりも手軽に受験できる。

現在、PCが日常生活の一部として普及しており、E-mailなどタイピング入力が主流となっていることから違和感なくCD IELTSで受験できるという。さらに、以下のとおり、申込から結果通知までのスケジュールが短縮され、利便性がより高まるという。

CD IELTSで発行される成績証明書は、従来のIELTSと同様に利用できる上、さらに発行までの所要日数が従来のIELTSよりも約6日短くなる。また、空席がある場合、試験日の7日前まで申し込み可能。

関連URL

日本英語検定協会

ブリティッシュ・カウンシル

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
PANDUIT 最適な校内LAN整備の実現には道路が要です GIGAスクール構想対応 Cat6A ソリューション カテゴリー6A製品の詳細はこちら
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • TERRACE 導入事例をご紹介 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 簡単入力で資料請求
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス