1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 日本ゲーム大賞2020「アマチュア部門」、2次審査の結果14作品が最終審査へ

2020年8月17日

日本ゲーム大賞2020「アマチュア部門」、2次審査の結果14作品が最終審査へ

コンピュータエンターテインメント協会が主催する「日本ゲーム大賞」(Japan Game Awards)は14日、アマチュアクリエイターが制作したオリジナルゲームの中から優れた作品を表彰する日本ゲーム大賞2020「アマチュア部門」の1次・2次審査を実施し、最終審査へ進む14作品を発表した。

「アマチュア部門」の今年のテーマは、指定した音を聴いて、その音から連想する作品を制作するというもの。募集した結果、427作品が集まった。

審査は、ゲーム開発者や業界誌編集者などの審査員が行い、プレイ映像を視聴する1次審査で427作品から95作品を選出。その後、試遊による2次審査で14作品が最終審査へ進出した。

最終審査は、日本のゲーム業界の一線で活躍しているクリエイターや業界誌編集長が行い、今年のアマチュア部門の受賞作品が決定する。受賞作品は8月19日に発表予定。

「アマチュア部門」審査概要

■1次審査:「プレイ映像の視聴審査」
プレイ映像の視聴審査で、2次審査作品を決定(427作品→95作品)
■2次審査:「試遊審査」
1次審査を通過した95作品を審査員が実際に試遊して、「コンセプト」、「完成度」、「技術力」の3つの視点で評価し、最終審査へ進む作品を選出(95作品→14作品)
■最終審査:「最終試遊審査」(8月19日に発表予定)
発表した14作品全てを業界誌編集長やトップクリエイターが、2次審査と同様の選考基準を元に再度試遊。最終審査員の審議で最終受賞作品を決定
■発表:「大賞」(1作品)、「優秀賞」と「佳作」(各該当数)を9月26日(土)に発表

【アマチュア部門 最終審査進出 14作品】

2次審査通過14作品の紹介動画

関連URL

日本ゲーム大賞2020「アマチュア部門」

コンピュータエンターテインメント協会

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi GIGAスクール 1人1台端末導入を見据えICTの効果的な活用を考える 2021.2.19(金) 16:00- 三浦隆志先生 大林一真先生
NICA(全国ICTクラブ協会) オンライン開催 あなたもプロになれる! Webニュースライター講座

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 活用事例集プレゼント!
  • スタディサプリ 3校に1校が導入済みのICT教材って? 1分で資料入手!
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス